花屋の前を毎日通ることにしている理由

スポンサーリンク

花屋を通るのを日課に

僕は、出来るだけ毎日、花屋の前を通ることにしています。というと、何かキザな感じもしますが別に花を愛でることができる優しい男をアピールするのが目的ではありません。そんなモテたいと思う欲求はとうの昔に捨て去りました、モテても一つも良いことないからね。それとは違う理由があるんです。

1つの理由は、春夏秋冬と季節ごとに変わる花を毎日見られて楽しいからという、まぁ単純な物なのですが、それ以外にもう一つ大事な理由があります。

精神状態のバロメーター

毎日、花は同じように美しく咲いているのに、不思議なことに花を見たときに「きれいだなぁ」と感動が得られる日と、何とも感じない無の反応の日があるという事に気づいたんですよ。

それって結局自分の精神状態が違ってるんですよね。キレイだと感じられる時は精神状態が落ち着いて安定しているかハッピーな状態、何も感じない時はストレスを感じている状態だったんです。

自分がストレスを受けている状態かどうかって意外と気づかないことが多くて、そのまま溜め込んでしまって体調を悪くしたり、周囲の人に知らず知らずのうちに当たってしまったりして、全く良いことがない。だから、早めに気づいて、対処した方が良いんですよ。

だから、僕は花屋の前を通って花を見て、その時の自分の気持ちを確認するという方法を使っています。

自分に合った検査方法を

この世の中は起きてから寝るまで、満員電車、面倒な人付き合い、終わらない仕事、もう書いてて嫌になってくるのでこれ以上は挙げませんけれども、まぁ絶えずストレスをため込みがちなギスギスした世界ですから、自分がストレスをためているかどうかを確認できる簡単な検査方法を皆さんも持った方が良いと思います。普通の精神状態なら確実に楽しめるちょっとしたものを定期的に体験することで結構簡単に確認できますから、花を見る以外の方法でもいいと思います。

例えば、好きな食べ物を食べる、お気に入りの曲を聴いてみる、昔から何度も読んでる漫画を読んでみたり映画を観てみたり、そんな事で確認できます。「あれ?いつも食べて幸せな気分になるこのお菓子を食べても何か気分が変わらないなぁ」と思ったら、ストレスがたまっている状態です。

あと、友人や、恋人、旦那さんや奥さん、我が子と会話っていうのでも確認できます。何かちょっとめんどくさいなぁと思ったらそれはもうストレスがたまっている状態です。

ストレスは早めに把握して、先手を打って解消するのが一番です。

スポンサーリンク