スポンサーリンク

白浜のアドベンチャーワールドで、動物たちを撮る!

NEX-5N
スポンサーリンク

動物の写真撮るにはアドベンチャーワールドはベストかも

関西以外の人はあまり知らないかもしれないですけど、和歌山のアドベンチャーワールドは動物を撮るには最高の場所だと思います。

アドベンチャーワールドは、キリンにおやつをあげることができます。だから、ここまで近くに来てくれます。ここまで近くでキリンを撮れる場所、他にあんまりないと思いますよ。

こんなユーモラスな表情のキリン、初めて観ます。

めっちゃ近い!頭なでたりできちゃう。

ゾウにもおやつをあげられます。並んでこちらに鼻を伸ばしてくるゾウ達。鼻を触ることももちろんできます。意外と固いです、タイヤみたい。

さらにさらに、サイにもおやつがあげられるんです!僕は動物の中でサイが一番好きなので、このサービスを知った時はもう楽しみで仕方なかったですね。

口を開けたところの表情がとぼけてていいんだよなぁ。観てて和む。

近づいてくるので、ツノや肌をなでる事もできます。2ショット写真も撮れます。サイと2ショット写真撮れる場所って聞いたことないですよね。アドベンチャーワールドなら可能です。

ラクダもおやつOKです。めちゃめちゃ至近距離でも大丈夫、檻とかもなく余計な物が写りこむこともありません。

 

ここからは肉食系なので、さすがにおやつはあげられませんが、サファリバスから見ることはできます。

水浴びするクマ、暑さで参ってるみたいです。疲れた表情がかわいい。

凛々しい顔で遠くを見つめるチーター。

 

リラックスして伸びをするライオンのオス。こうして観ると、やっぱりネコ科なんだなってわかりますね。

 

パンダを撮るなら、間違いなく日本一!

上野動物園にもパンダはいますが、パンダを観る、写真を撮るなら間違いなくアドベンチャーワールドがおすすめです。断言できます、東京に住んでいたとしても、飛行機か新幹線に乗って和歌山まで来た方が良いです。

それは、本当のパンダがどんな動物かを知ることができるから。アドベンチャーワールドのパンダを観たら、もう上野動物園のパンダなんて見ようとも思わなくなりますよ。

まず、アドベンチャーワールドのパンダがどんな感じで暮らしてるかを見てください。動画です。

[アドベンチャーワールド]必死に登るパンダ
[アドベンチャーワールド]パンダの食事

どうですか、このアクティブさ。上野動物園のパンダなんて、全然動かないじゃないですか、あれ人が多すぎてストレスなんじゃないですかね。

ここのパンダたちは、兄弟同士でじゃれあって転げまわったりしてて表情も行動もユーモラスなんで、撮りがいがあります。

というのも、アドベンチャーワールドのパンダは上野動物園のパンダほど特別に人気があるわけではありません。あくまでも、たくさんいる動物の中の一種類でしかなくて、特別に人だかりができるなんて事はありません。

だから、のんびり見られます。上野動物園みたいに客同士が殺気立つ、みたいなことはありません。だから、パンダも人間の目にそんなに晒されないので、のんびりしてます。

アドベンチャーワールド、とても良い所なんで、ぜひ一度。南紀白浜空港から、直行のバスが出ているし、白浜のホテルからも巡回バスが出ているので、楽ちんですよ。

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

NEX-5N和歌山
スポンサーリンク
スポンサーリンク
良いなと思ったら、シェアしてください
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント