スマートウォッチであなたもわたしも本田圭佑に

スポンサーリンク

腕時計は利き腕の逆に

僕は利き腕が右なので、いつも左腕に腕時計を着けています。利き腕に腕時計を着けると、食事やペンで字を書くとき、さらにはマウスを扱うときなんかにガチャガチャと机に当たって鬱陶しいからです。おそらくほとんどの右利きの人が左腕に、逆に左利きの人は右腕に着けているんではないでしょうか。

スマートウォッチは右腕に着けることになる

ところで、改札などでは右利きの人が切符を右手で入れるところから設計が始まって、定期入れを右手で持ってかざすことをイメージして現在のモデルも設計されているので、決済する機能は右側に付いています。Suicaで買える自動販売機なんかも右側に決済機能が付いています。
なので、スマートウォッチにFeliCaなどによる決済機能が付くことになると、右利きの人もスマートウォッチは右腕につけるのではないかと思います。つまり、右利きの人は利き腕にウォッチを装着する時代が来るのです。実際、Apple WatchにはApple Payが付くとも言われているので、決済機能は必携ではないでしょうか。

両腕に時計を着けるなんて本田圭佑みたいですね。

プライベートでは、いつも両腕に腕時計をつけている。

はい、ここで問題が発生します。最初に書きましたけど、利き腕にウォッチを着けると作業する時に鬱陶しいんです。なので、極力薄型にシンプルに軽量化されたものが流行るんじゃないかと思います。左腕に従来通りのファッション目的の腕時計、右腕には極力シンプルな薄さを極めたスマートウォッチ。

左利きの人は

左利きの場合は両方が利き腕ではない右腕に来ます。この時に、スマートウォッチがシンプルで小型だと、それだけをかざすのは難しくて従来の腕時計をガチガチと決済のたびにぶつけることになってしまうのではないかと思います。なので、ファッション機能の腕時計と決済機能のスマートウォッチを1つに集約したくなるのではないかと。ファッション機能の高い装飾性を兼ね備えた物を左利きの人は買うのではないかと思います。

利き腕によってスマートウォッチに求めるものが違ってくるというのは面白い傾向かもしれません。

スポンサーリンク