スポンサーリンク

魚眼レンズ SAMYANG 8mm F2.8のレビューと作例

カメラ
スポンサーリンク

ずっと気になっていた魚眼レンズを買いました

ずっと超広角、魚眼レンズが欲しかったんですけど、富士フイルムの純正レンズにはラインナップがないんですよね。

ネットで調べてみると、SAMYANGというメーカーの8mm F2.8というレンズがXマウントに対応しているって事で、しばらく気になって、買おうかどうか迷って悶々としていたんです。

何で悶々として買うのを踏み切れなかったかというと、ネットで検索しても、あんまり作例もレビューもまとまっていなくて、カメラ系のブログでも記事とかもなくて、参考になる情報がなかなか集められませんでした。なので、購入してちゃんとした画像が撮れるのか?使い勝手はどうなの?みたいな悩みがクリアにならなかったというわけです。

仕方がないので、このブログで得たお金は趣味で稼いだお金だし、ダメ元でパーッと使ってしまおう!!と思って勢いで買ってみました。


同じように、購入を検討している人の参考になれば良いなと思い、レビューをまとめます。

使用しての感想

まず、このレンズは富士フイルムの純正品ではないので、AF(オートフォーカス)ができません。AF非対応なので、すべてマニュアルでフォーカスを合わせることになります。

マニュアルフォーカスを使ったことのある人は、結構少ないかと思います。自分でピントを合わせるなんて難しそう、と不安に思うかもしれません。

でも、基本的には∞、つまり一番遠い側に設定しておけば、ほとんどのシーンで問題ないです。魚眼レンズって、撮影するシーンの95%以上は遠くにある風景なので、細かくフォーカスを制御する必要ないです。何でかというと、とにかく広く映りすぎるんで、なかなか近くで写しても映える被写体ってないんですよ。

ということで、フォーカス問題はあまり気にしなくてOKです。

ちなみに、近距離側は最短で30cmからピントが合います。最短の側にピントを合わせて撮った作例はこんな感じ。

こうやって、ブログやSNSで見せる分には十分な解像感かなと。

木の下に潜り込んで、見上げて撮るのは迫力が出るので、お気に入り。これぐらいしか作例なかったなぁ。
春になったら、桜の木の中に潜り込んで撮ったら最高だろうなと今から楽しみで仕方ないですね。

絞りもカメラからは制御できません。そして、絞りの情報も記録されません。まぁ、でもそこはあんまり不便はないです。

撮影スポットでの撮影サンプルの記事

今まで色んなシーンを撮ってきたので、その作例も観てもらって、購入の参考にしてもらえればと思います。こんな感じの画が撮れるんだっていう感じが掴んでもらえれば。なかなかネット上ではサンプルが載ってないのが、自分が購入する時の悩みだったので。

東京の撮影スポットを色々と歩いています。

朝の浅草寺を魚眼レンズSAMYANG 8mm F2.8で撮ってきた
SAMYANG 8mm F2.8をついに買ったから、撮影したくてたまらない! 先日、ずっと欲しいなと思っていた魚眼レンズを買いました。 せっかくなので、休日の一日をかけて東京の名所をで...
SAMYANG 8mm F2.8とX-T20でスカイツリーを撮る
スカイツリーを散歩しながら魚眼レンズで撮ってみたい 浅草の浅草寺からスカイツリーの真下までせっかくなのでスカイツリーを撮影しながら歩いてみる。 ますは、隅田公園。朝日が隅田川に映り込む...
六本木ヒルズからSAMYANG 8mm F2.8で東京まとめ撮り
魚眼レンズと言えば、パノラマビュー せっかく魚眼レンズを買ったんだから、展望台から見渡す限りの景色をまとめて一枚に収めたい。東京のビル群とか全部。 東京の展望での撮影スポットはいくつか...
六本木の国立新美術館をX-T20と魚眼レンズで撮影
国立新美術館が東京でも屈指の被写体になる建物らしい 事前に調べておいた情報によると、六本木にはとても写真映えする撮影スポットがあるらしい。それが、国立新美術館。美術というか芸術鑑賞みたいな高...
銀座の街をX-T20とSAMYANG 8mm F2.8で撮り歩き
銀座を魚眼で撮ってみる 有楽町、東京へと向かうので、せっかくだから銀座駅から降りて、銀座の街を少し歩き撮りながら行こうかと。なので、特に目的の被写体ってなくて、スナップ感覚。 この日は...
東京国際フォーラムをX-T20とSAMYANG 8mm F2.8で撮る
被写体として写真映えする東京国際フォーラム 「東京 撮影スポット」で検索すると、結構な割合で出てくるのが、東京国際フォーラム。東京駅から歩いて行けるアクセスの良さと、建物の構造が写真で撮るの...
クリスマスの東京駅をX-T20とSAMYANG 8mm F2.8で撮る
東京駅を撮りに 今日の最終目的地は東京駅。東京国際フォーラムからは目と鼻の先なので、歩いて向かいます。 東京駅の近くは高層ビル群、魚眼レンズで撮ることでより一層そびえ立ち並ぶ感じが...

APSサイズでも星空もしっかり撮れてるんで、こちらも見てみてください。

秩父の栃本広場で満天の星空に包まれる、最高の撮影に!
星空を写真に収めるのが夢 SAMYANGの魚眼レンズを買った時に、撮りたいなと思った被写体の一つが、満天の星空。 でも、そもそも人生で一度も満天の星空を観たことのないどころか、せいぜい...

大阪の街も。

年末の天王寺をX-T20とSAMYANG 8mm F2.8で撮り歩き
天王寺は撮影スポットがいっぱい 年末は大阪の実家に帰っていたので、大阪を撮りに行ってきました。まずは天王寺から。 あべのハルカス 天王寺の撮影スポットというか被写体と言えば、やっぱりあべ...

ちなみに、今回、撮影に使用しているカメラはX-T20です。


何より、撮影していて楽しかったので、ホントにお勧めです。僕は買ったのはブラックですが、シルバーもあります。シルバーもデザインとして格好いいなぁ。

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

カメラ買い物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
良いなと思ったら、シェアしてください
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント