肖像権フリー顔面ビジネスっていけるんじゃないの?

スポンサーリンク

他人が写りこんでて公開できない

例えば、旅行に行った時の風景のスナップ画像で、我ながらなかなかいい画が撮れたからブログに載せたいとかツイッター、インスタグラムみたいなSNSに投稿したいとか、自分が撮った画像をみんなに公開したいときって、まぁ今の時代は普通にありますよね。

ところが、結構な確率で偶然通りかかった赤の他人の顔が写りこんでたりするわけです。はてさてアップロードしたいけど写り込んでる人の肖像権を侵害してるかもしれないから、モザイクかけた方が良いのかな?
でも、モザイクかけるとせっかくの画像の雰囲気が台無しになるしなぁ、うーん困ったという時がありますよね。

顔面・フリーマン

そんな時の課題を解決して、なおかつそれがビジネスにもなるかもしれないって方法を考え付いたんで、ぜひとも皆さんにもご紹介してもしよければ実際にやっていただきたいんですよ。名付けて「顔面・フリーマン」によるサービスです。

どういう事かというと、偶然写りこんでしまった人の顔部分を肖像権フリーとしている人の顔面とすり替えることができれば解決するじゃんと思ったわけです。
著作権フリーな顔を提供してくれる人って、結構いるんじゃないかなと思うんですよね。しかもタダで提供してくれる人。世の中のみんなに少しでも顔を知ってもらいたい人っていうのもいるじゃないですか、これからの若手お笑い芸人とかアイドルを夢見る女の子とか、政治家を志す方とかね。逆にお金払ってでもいいから載せてくれって人もいたりするかもしれませんね。ある意味広告みたいなもんですからね、顔を覚えてもらうための。

そういう人たちの顔画像をリストデータとして所有してストックしている企業があったとして、写りこんでしまった画像を持っている人が変えてほしい顔の部分を指示してデータをサーバーに飛ばすと、著作権フリーの人の顔が自然に合成された画像として戻ってくる。そんなサービス結構いけるんじゃないかと思うんですよね。月額いくらとか、一枚当たりいくらとか値段付けておけば、それなりに儲かるんじゃないかなと。

さらに、せっかくのお気に入りのみんなに公開することが目的の画像ですから、せっかくなら美しい顔を貼りたくなると思うんですよ。そこで、顔画像を選んで貼り付ける場合はランダムに貼り付ける場合に比べて指名料をもらうとか色んなサービスの発展が思いつきます。自分が大学生だったらやってみたかもなぁ。

スポンサーリンク