スポンサーリンク

原宿までぶらりとX-T20持ってフォトサイクリング

サイクリング
スポンサーリンク

原宿初撮影

この日の行き先は原宿方面。

その途中で急ピッチで建設中の新国立競技場の前を通ったので一枚撮影。2020年にはここに最高の被写体が集う。撮りに行けたら最高だろうなぁ、それまでに100-400mm買っとかないとダメだよね。


大勢の人の中で真ん中の女の人だけ逆方向で、良い瞬間が切り取れた一枚。結構お気に入りで、こういう偶然に出会える所がストリートスナップの楽しみ。

竹下通りをスナップ

原宿と言えばやっぱり竹下通り。入ってみる前に、原宿駅の前から道路を挟んで50-230mmの望遠カメラで撮った竹下通りの人の群れ。人の波がぎゅっと圧縮されてて面白いですね。前に写っている女性を撮影するカメラマンも合わせてなかなか面白い瞬間で好きです。

アドバンストフィルターのパートカラーで青だけ残して撮ってます。カラフルな竹下通りをあえて色を極端に減らしてみました。モノクロや白黒とはまた違った感じ。

アドバンストはたまに使うと楽しいんですよね。

鎌倉をテーマにアドバンストフィルターで遊ぶ
今まで使っていなかったアドバンストフィルター 富士フイルムのカメラにはアドバンストフィルターという機能があります。アドバンスドじゃないんですね。アドバンスト、ちょっと言いにくい。 僕の愛用...

いよいよ竹下通りの中に面白い被写体がないかなと思って、人込みをかき分けながら散歩。これは若くないとかなりキツイ・・・。
歩いている中で竹下通りを象徴するような色の凝縮を切り取りました。もちろん、フィルムシミュレーションは極彩色のVelviaです。

オシャレな看板だったので、スナップ。ポートレートには食指が動かないんだけど、女性のパーツだけを撮影するってのは撮ってて面白いかも。いつかやってみたいね。

代々木公園でも撮影

原宿に来たもう一つの目的は代々木公園。これを撮るぞっていう明確な目標はないんだけど、何かいい瞬間に出会えるんじゃないかなっていう期待。

代々木公園で写真を撮るのは何と約15年ぶり。当時のデジカメって200万画素とかじゃない?あの時の画像が残ってたら面白かったんだけど、パソコン買い替えた時にどっか行っちゃったんだよね。もったいないことしたなぁ。

入ってさっそく秋のバラに遭遇。バラはいくら撮っても飽きないもんです。

花びらと空の色のバランスが好きな一枚。

バラは一輪をアップに撮ることが多いんだけど、花の咲いてる構図が良かったんでちょっと引きで撮影。

さすが都会のど真ん中にある公園だけあって、カラスの数がすごい。
ただ、珍しいかもしれないけれど、僕はカラスを撮るのが結構好きなんです。生活スタイルは最低なやつらですけど、切り取った一瞬に見せるしぐさや表情はなかなかユーモラスだったり、凛々しかったりします。もしすごく嫌いでなければ、一度撮ってみてください。

カラスを撮るには、真っ黒に写ってしまわないように露出だけは丁寧に調整するのがポイントです。

何層にも折り重なる銀杏の葉。こういう時に、最近は絞って撮るのが気に入ってます。あまりボケない方が逆に立体感を感じるんじゃないかなと思いだしてきて。

良い雰囲気の色合いが出せた一枚。手のブレ加減もちょうどいい。

何となく来ただけでもやっぱり楽しい撮影になっちゃう。代々木公園って良い所。

秋の代々木公園をぶらぶらと撮り歩く
公園を歩けばスナップしたくなる被写体に出会う 代々木公園に来たのはものすごく久しぶりで、前がいつだったかもよく思い出せない。何があったか、どんな感じだったかも思い出せないんだけど、何の前情報...

そして、写真を撮りながらサイクリング。あっという間に一日が楽しく過ぎてしまう。やっぱり最高の趣味かも。

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

サイクリングX-T20東京
スポンサーリンク
スポンサーリンク
良いなと思ったら、シェアしてください
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント