花粉症を撲滅するにはどうすればいいか、お酒のメーカーを味方に付けるしかない

スポンサーリンク

スギ花粉が来てしまう

全国3000万人の花粉症の皆さん、そろそろスギ花粉が飛びまくる季節がやってきますね。今年、2016年は去年の1.6倍の花粉が飛ぶんですって。

僕も約四半世紀の花粉症患者でして、この時期は朝起きてから寝るまで何をするにも常に何だか頭がボーッとしちゃって、寝ている間も鼻が詰まっているので呼吸が浅く結果として眠りが浅く疲れが取れなくて、とにかく困ってます。

さて、現在日本国民の1/4、全国に3000万人の花粉症患者がいると言われていて、国民病といっても過言ではないと思うんですけど、その割に、全部スギを切り倒して違う木を植えるみたいな根本的な対策が全然打たれないですよね。それって、おかしいと思いませんか?

国民が大多数望んでいるのに、全く対策が打たれない問題って他にもありますよね。例えば、アメリカの銃所持の問題。あれも、一時的に銃規制の方に世論が盛り上がっても、何か結局規制されるような法律ができる事はなく、うやむやに終わってしまうんですよね。

それって何でそうなるか、理由をご存知ですか?

一説には、「銃が規制された場合に、儲かる業界がない」からだそうです。ライフルや拳銃が規制されたら、ある特定の業界が儲かるのであれば、その業界が政治家にロビー活動を行うことによって法律化される動きがかかるんですけど、銃の規制の場合は誰も儲からない。それより銃が規制されなければ少なくともライフルの会社は儲かります。だから、一向に銃の規制は進まないんですって。

逆に花粉症で損している業界って?

で、花粉症ですよ。花粉症が無くなれば儲かる業界があるんじゃないかなと考えてみました。

僕は花粉症の薬を飲んでいる間はお酒を飲みません。花粉症の方は分かるとは思うんですが、花粉症ではない方のために説明しますと、花粉症はアレルギーによる炎症なので血流が高まると症状が一時的に悪化するんです。アルコール摂取すると、血流が高まるので鼻づまりや目のかゆみが止まらなくなって寝られなくなったりするんですよ。
というわけで、僕は一年のうち4か月間は禁酒です。周りの花粉症の人は結構そういう人が多くて、全く飲まないか、飲む量や飲む回数を控えるって意見が多いです。

という事はですよ、お酒のメーカーは花粉症が無くなれば、お酒の売り上げはかなり上がると思います。国民の1/4が4か月禁酒しているんですから、花粉症が無くなれば売上約9%アップですよ。こんなビジネスチャンスなかなかないです。

という事で、キリンにアサヒにサントリー、日本酒メーカーも一丸となって花粉症の根本対策のロビー活動をやってもらいたいところです。そうすれば、心置きなくお花見で乾杯ができる、これは全国の花粉症患者の夢です。切に切にお願いします。

おまけ、花粉症の症状を抑えたい人用のアドバイス

ちなみに、成人の日あたりから薬を飲んでやるとだいぶ楽に、症状が軽くなりますよ、花粉が来てから薬を飲んでたらダメ。