銀杏の葉とX-T20のフィルムシミュレーションの相性は最高

スポンサーリンク

銀杏の黄色が映える季節がやってきました

風も冷たくなって、空気も澄んですっかり秋ですね。秋と言えばやっぱり紅葉ですよね。紅葉というと赤く染まるイメージですけど、僕は銀杏の色合いがとても好きです。
この季節は銀杏の葉が見事な黄色に色づくので、それを逃さないように、晴れた日を狙って撮ってきました。晴れた日を狙う理由は、空の青と銀杏の葉の黄色が補色の関係になっているので、とても写真に収めた時の色合いのバランスが良くなるからです。


色彩のお勉強すると、写真の表現がさらに上がるし楽しめるのでおすすめ。

まずはVelvia

こういう自然の鮮やかさを残すには、やっぱりフィルムシミュレーションはVelviaですよね。これは外せない。

暗めに撮って色をしっかり残すのが好きなんですよね。

いつも同じパターンだと、機会を逃してしまうので、あえて露出を明るい方向に振って撮ってみました。これはこれでさわやかな秋の感じが出てていいなぁ。

さっきまでのは順光(太陽は背中の方にある状態)でしたが、今度は逆光気味に。順光では、空の青が濃くなりますが、逆光だと空が白く抜けていきます。これはこれで好き。

一番いい時期でしっかりと葉っぱが密集した銀杏を撮影。

秋はClassic Chromeもまた似合う

ここからはクラシッククローム(Classic Chrome)。

クラシッククロームは、無機質な物を撮ると、よりクールなイメージが表現できるので、好きで使っています。

フィルムシミュレーション、トーン調整が最高に気持ちいい このデザインとサイズ感が気に入って何年かぶりに猛烈に物欲が湧いたので、X-T20の...

今回は新しい発見として、鮮やかな色の物をあえて撮ることで、秋の少し悲しい感じ、冷たい空気を表現するというのにも、クラシッククロームがぴったりだと感じました。

この一枚なんて、本当に昔のフィルムで撮って現像した時の写真の色合いで、すごく気に入っています。ノスタルジック溢れる一枚。

さっきのVelviaと同じ構図で撮影。見比べてもらえるといかにフィルムシミュレーションがそれぞれ特徴的かが分かると思います。一つのカメラでこんなにも違う色合いを表現してくれるんだから、楽しいに決まってますよ。これが富士フイルムを選んでしまう理由。

ACROS

最後はACROS。今日はYellowフィルタを使用。

やっぱりいいなぁ、ACROS。白黒の中に色が表現されている、不思議な感覚。

銀杏の木が一本あるだけでもこんなに撮影を楽しめるのは、やっぱりX-T20というカメラの出す色の多様性のおかげですね。一つ一つのフィルムシミュレーションがほんとに良くできてると思います。

撮れば撮るほど好きになるカメラ、X-T20。