写真ブログやってる人はEWWW Image Optimizerの設定を絶対見直して!

スポンサーリンク

撮った写真がボケてしまう

この前に書いたバラの撮影の話の時に、赤いバラの画像だけがブログに載せるとボケた画像になる。元の写真では解像度がそれなりにあるのに、何だろうと思って調べたら原因は「EWWW Image Optimizer」でした。

花の女王、バラを撮りに与野公園に行ってきた
5月と言えば、バラの季節 神奈川の港の見える丘公園、東京の旧古河庭園とこれまでバラの有名な庭園を回りましたが、今回は三か所目。埼玉の与野公...

EWWW Image Optimizerの設定を見直して

EWWW Image Optimizerは画像をアップすると自動でファイルサイズを圧縮してくれる便利なWORDPRESS用のプラグインです。

画像サイズが大きいと読み込むまでに時間がかかるので、ブログを観に来てくれた人を待たせることになり、良い事ではありません。それを防ぐために、画像のファイルサイズを圧縮して読み込みを早くさせています。ただ、圧縮をかけるという事は画像の劣化なので、やりすぎると画像がぼけたような感じになります。

EWWW Image Optimizerをデフォルトの設定のままで使うとこんな感じ。後で出てきますが、本来はもっとしゃっきりした画像でした。それが輪郭がぼやけたような感じになってしまっています。これではお気に入りのX-T20の実力が伝わらないので、非常に悔しい。

これを防ぐためには、EWWW Image Optimizerの設定の「高度な設定」の「JPG画質レベル」を変更します。値が大きいほど、圧縮をしなくなります。デフォルトは82で最大が100なので、僕は100にしました。

設定による画質の違い

先ほどの画像がどう変わったかを設定前のデフォルトと設定後で比較します。こうやって比べてみると、画質の劣化の度合いがよく分かります、ホント気づいて良かった。

デフォルトの設定での画像

設定を見直した画像

デフォルトの設定での画像

設定を見直した画像

デフォルトの設定での画像

設定を見直した画像

デフォルトの設定での画像

設定を見直した画像

よく見ると、解像感が上がっただけでなく、色が黒くくすんでいるのも改善されています。

設定を変えても圧縮は行われているので、カメラで撮った画像がそのままブログに載せられると言うわけにはいかないですけど、せっかく撮影した画像を少しでもいい画質で載せることができるので、写真ブログ、カメラブログをWordPressでやっていて、EWWW Image Optimizerのプラグインを入れている人はぜひ一度設定を見直してみてください。