果物食べ放題、石田観光農園について常連の僕がポイントを教えます

スポンサーリンク

石田観光農園で果物・野菜食べ放題

軽井沢に行った際には必ず立ち寄るところがあります。北軽井沢にある石田観光農園さんです。

どういう所かというと、

石田観光農園は、50種類以上ある農産物を来園者自らの手で収穫して、園内で自由に食べることができる、体験型観光農園です。

1種類の作物ではなく、野菜でも果物でも、園内の作物はどれでも、好きなだけ食べられます。時間制限もないので、涼しい高原で、ゆっくり1日遊べます。

という事で、好きな果物や、好きな野菜をいつまででも食べ放題できるというなかなかのパラダイスです。

時期によって収穫できる作物は変わるので、行く前にサイトでチェックしてみてください。また、時期によって採れる作物の種類は違うのでそれによって入場料も変わります。8月が一番高いです、つまり一番いろいろ採れるので楽しいという事なんですけど。今の入場料についてもサイトで紹介されているので、行く前にチェックすることをお勧めします。
blueberry

ルールについて

時間無制限の食べ放題というのは説明しましたが、それ以外のポイントとしては、

まず、受付に行って、そこで人数分のお金を払います。そうすると、果物ナイフとスーパーで買い物に使うようなかごとビニール袋と塩をくれます。それを持って3分ほど離れた畑まで係りの人と歩きます。

ビニール袋には畑で採れるブルーベリーやジャガイモを詰めて持ち帰ることができます、有料ですが、普通に買うのに比べるとかなり安いです。ビニールに入らない野菜も持ち帰って買う事ができます。そのためのかごです。たくさん持ち帰りたいときには畑に台車が置いてあるのでそれで運ぶことができます。便利です。
持ち帰り

塩はキュウリやトマトを食べるときにかける用です、常連になるとマイ調味料を持ってきている人もいます。マヨネーズとか。

採った野菜は水道がある木陰の休憩スペースに座って食べます。ここで手が洗えるので、すぐ手を汚す小さい子供でも安心です。
休憩所

この水道の水がすごく冷たいので採ってきた野菜や果物がすぐに冷えて美味しいんです。
peer

あと、トイレは受付まで戻らないとないので、小さいお子さんはこまめにチェックしてあげた方が良いかと思います。漏れそうになってからの3分は危険です。何しろみずみずしい果物や野菜を食べているうちに、結構水分を取ってしまっています。

出来るだけ朝早く行った方が良いです。その日に撮れる量は決まっているので、遅くに行くと美味しそうな実が残ってないという場合もあります、早起きしましょう。

himawari

野菜が嫌いな子供でも野菜が好きになると思います、そのくらい概念が変わってしまうほどの美味しさです。また、普段はスーパーで陳列された状態でしか見られない野菜や果物がどのように畑で育てられるのかを見ることができ、自分で収穫することができるというのもとても良い教育になるかと思います。

IMG_0710

また、ペットも一緒に畑の中にまで入れるので、ペット連れの方々にも人気みたいですね。実際、犬を連れた方々とご一緒することも良くあります。

看板

大きな看板が立ってますので、そちらを目印にぜひ行ってみてください。

〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1353-318
TEL:0279-84-2457

それぞれの時期にどんなものが食べられるかについての詳しい内容は下の記事をご覧ください。

北軽井沢 石田観光農園 8月編
8月が一番のピーク 8月が一番、獲れる作物の種類が多くなります。初めに行くのには8月が一番おすすめです。この時は天気が良くて一段と...
北軽井沢 石田観光農園 9月編
9月は、りんご、梨 下の写真は9/23に行った時のもので、この時期だと少し肌寒かったですね。9月だともう半袖では過ごせないです。ちょっと日...
スポンサーリンク
果物食べ放題、石田観光農園について常連の僕がポイントを教えます
この記事をお届けした
Findelightの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!