スポンサーリンク

軽井沢で一番羨ましがられる写真が撮れる場所は浅間ハイランドパークのプールで決まり

X-T20
スポンサーリンク

軽井沢で一番自慢できる写真を撮れる場所はどこなのか

軽井沢って今でもやっぱり憧れられるスポットだと思うんですよ。だから正直な話、軽井沢に来たからには、おしゃれな写真を撮って、それを友達やSNSで見せつけてドヤ顔したいじゃないですか。僕もそう思ってますよ、それが人間ってもんじゃないですか。

で、軽井沢で一番「いいなぁ」って羨ましがられる写真が撮れる場所はどこなのか、これを軽井沢に来るたびに考えていました。

さわやかな青空の下で採れたての果物や野菜を頬張ったシーンなのか。

果物食べ放題、石田観光農園について常連の僕がポイントを教えます
石田観光農園で果物・野菜食べ放題 我が家は、年に2、3回、軽井沢に行くんですが、軽井沢に行った際には必ず立ち寄る、家族のお気に入りの所があります。 北軽井沢にある石田観光農園さんです。...

それとも、上品なたたずまいの旧三笠ホテルのクラシカルな廊下で窓からの柔らかな光を浴びて写したポートレートがいいのか。

軽井沢の旧三笠ホテルをしっとりと撮影してきた
雨も似合うシックな建物 これまでは軽井沢と言っても、ずっと北軽井沢ばかりを散策していたので、いわゆる「THE 軽井沢」こと旧軽井沢に一度も行ったことはなかったので、ついに行ってみることにしま...

はたまた、旧軽井沢銀座で、名物のミカドコーヒーのモカソフトを片手に散歩してる姿なのか。オシャレなカフェのテラスで、スイーツ越しにはしゃぐ姿なのか。

星野リゾートの、星野やホテルやハルニレテラスで、ちょっと非日常のセレブ感を足して背伸びしたスナップを撮ってみる事なのか。

来年小学校の子供がいるなら、土屋鞄のランドセルを背負った姿をFacebookに載せるのも良いかもしれません。

土屋鞄 軽井沢工房のランドセル、行って見てきたので画像で紹介します
大人気の土屋鞄が軽井沢に ランドセルが人気すぎて、予約が殺到中の土屋鞄の工房兼店舗が軽井沢にあるという事で、ランドセルを見に行ってきました。 入り口、レンガ作りでおしゃれ、期待が持てま...

とまぁ、軽井沢にはいろいろ「ドヤ顔スポット」があるんですけど、残念なことがありまして。これらはすべて行きつくされた後なんですよね。もうさんざん、こすられた後なんですよ。

だから、ここに今行って写真を撮って見せびらかしても、観たことあるなぁとはなるけれど、何これ!とはならないわけです。

悔しいじゃないですか、せっかく軽井沢まで来たのに!ドヤ顔したい!嫉妬されたい!!

という皆さんのために、まだあまり手を付けられてないとっておきの場所を教えたいと思います。

浅間ハイランドパークのプールに行こう

出し惜しみせずに、いきなり発表。それは、北軽井沢にある、浅間ハイランドパークの屋外プールです。

入ると、目の前には異世界が。何これ、ハリウッド映画でしか観た事ないよ。あれだ、ロッキー4でアポロの自宅にあったよ、こういうプール。成功者のアイコンとして飼い犬とボール投げして遊んでたよ。

もしくは、あれね、メキシコの麻薬王の豪邸のシーン。だいたいトロピカルなカクテルかフルーツをいただいてるやつ。

ここね、カメラ持ちこんでも全然OKなんですよ。子供たちがはしゃぐところをたっぷり撮ってきました。なかなかプールで遊ぶところを撮れる機会ってないような気がするんですよね。

もちろん、他の人を撮ったりするのはマナー違反ですからね。

水に太陽の光が反射して輝いてる所も最高に映えますよ。ここに自分が入って優雅に座って片手にトロピカルジュースでも持って写真撮ってる所を想像してくださいよ。SNSで勝てるでしょ?

もう一つ、ここが写真撮影におすすめなポイントは、空いてるんですよ、ここ。多分、軽井沢でも他のスポットほどはあまり知られてないのと、軽井沢は避暑地のイメージが強いからプールっていうのが結び付きにくいのが理由かなと思います。

夏の軽井沢で空いてる所なんて、ほとんどないですからね。軽井沢ってゆっくりするための場所だと思ってるんですけど、夏休みになるとどこもかしこも込んでてガチャガチャしてるんですよね。とくに写真映えする所の混雑度は「え、ここ東京?」ってくらいに人がいます。だから、必ず他人が写りこんじゃって、ガチャガチャ感が伝わっちゃって高級感が出ない。

その点、ここは最高。自分と仲間だけを撮ることができちゃいます。この時も一緒にいたのは3家族くらいだったかなぁ。この少なさは奇跡ですよ、軽井沢の奇跡。

一緒にいた家族はまさにインスタど真ん中の姉妹がGoProで自撮りしながら遊んでました、そうだよね!このシチュエーションで自撮りしないのもったいないよね!

というわけで、軽井沢最高の写真映えスポット、ぜひ一度お試しください。

料金
大人¥1,500、小学生¥1,000、幼児¥600
付き添い目的で泳がず入場のみ ¥600
営業日
7月20日頃~8月31日頃(雨天時は休み)
営業時間
10:00~16:00

軽井沢には他にも楽しい場所がたくさんあります、それを紹介しているので、こちらもどうぞ!

軽井沢についての記事のまとめはこちらから。

大好きな軽井沢を紹介します
我が家は軽井沢に行くのが毎年恒例の楽しみになっていて、もう10回以上は行ってるかと思います。 子供が小さい頃からとても楽しめる場所で、家族みんながお気に入りです。 特に北軽井沢によく行ってます...
X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

X-T20軽井沢
スポンサーリンク
スポンサーリンク
良いなと思ったら、シェアしてください
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント