川越を散歩してたら最高の被写体に逢えた

スポンサーリンク

川越ぶらり

川越と言えば、埼玉一の観光地。時の鐘とか、蔵造りの街並みとか色々あります。しかも、川越のすごい所は、観光地の一帯の電柱をなくしちゃってるんですよ。つまり、写真に電柱や電線が写りこまない。これは写真が趣味な人にはたまらないですよね。素晴らしい取り組みだと思います。

という事で、一度散歩してみたかった場所なんで今日も相棒のX-T20を持ってぶらり。

人多すぎ

メインの通りを歩いてみたら、とにかく人が多すぎ。観光地だから当たり前なんだけど、これじゃあゆっくり観光もできないじゃないの?ってくらい混んでる。こう言ったら怒られるかもしれませんが、正直、風情がないなぁ。しかも、天気が良すぎて暑いし。

と思っていたら、人力車のお兄さんが暑さに負けないように束の間の休憩中。休憩中でも地図を見て観光情報のお勉強でしょうか、プロですねぇ。

しかし、時の鐘も蔵造りの街並みも実物を見てみたけど、写真に残してやるぞ!と言うほどの事はなくて、一通り回ってはみたもののほとんど撮影はせず。正直どうしたものかなぁと。せっかく川越まで足を運んだんだし、せめて何か川越らしいものでも撮りたいなぁと変える方向に歩き進めていると、お寺を発見。

なかなか立派な建物だなぁと一枚撮影。

まぁ良いお寺ではあるが、一枚撮れば十分かなと。そろそろ帰ろうかと思ったその時、現れたんですよね、最高の被写体が。

川越は和服美人に出会える街

川越は着物を着ている方が普通に歩いておられます。外国から観光で来られた人が観光イベントとして着せてもらって散歩しているのも結構いるんですけど、地元の方が何かしらの集まりに行かれるのか、着物を着て上品かつさっそうと歩いて行かれるのを何人か目にしました。

その中でも格段に美しい後姿と歩き方。キレイにまとめ上げられた髪。着物の色味も華美ではなく暑い日にピッタリの涼しい薄青。絵にかいたようなお上品なご婦人方がお寺の中に入ってこられました。ごみごみとした川越に突如現れた清涼感。これは撮るしかないとカメラを構えて撮影。

うわー、日本に生まれてよかったと感じる瞬間です。川越まで来てよかった!こんな後姿美人を撮れたなんて幸せ!

良い写真が撮れると気持ちが昂るんで、落ち着くために手水場(ちょうずば)を一枚。ほら、興奮したままに撮っているので水平が微妙に傾いていますね。その時は気付いてないんですけど、やっぱり興奮するといかんですね。

お参りをされているところをもう一枚。うーん、やっぱり美人は良いなぁ。画になるなぁ。大満足の川越散歩でした。

奇跡の被写体に出会えたのは蓮馨寺というお寺です。場所は、西武の本川越駅から倉造りの街並みに向かう通り沿い。