スポンサーリンク

動物園でコアラを魅力的に撮るには時間が大事

X-T20
スポンサーリンク

いつも寝てるコアラが元気に動いてる所を撮るには?

コアラって、テレビとかで見るとだいたい寝てるじゃないですか。こんな感じで。

実際、動物園で観てた時も隣の家族が「コアラっていつも寝てるねー」「コアラ、みんな寝てるよ」みたいな感じで”コアラ=寝てる”が浸透してしまっているんだなと感じました。

ただ、あまりの可愛さにコアラの前で1時間以上ずっと観て撮ってた僕から言わせると、それは勘違いだという事が分かりました。ちゃんと上手くやれば、こういうユーモラスで活発な表情やしぐさも撮れたりするわけですよ。観てください、このぶれるほどに素早く動くコアラの子供を。手がシャーってなっちゃってます、シャーって。

コアラは悪くないんです、しいて言うなら見に行く人のコアラに対するちょっとした気遣いが足りないだけなんですよ。コアラのせいにされたら、コアラたちも悲しくてこんな感じの表情になってしまいますよ。

という事で、コアラが寝てない所を観る、そして写真に収めるにはどうすればいいのかを説明します。

食べる前に観る!

コツはとても単純な事で、コアラは食べたら寝ます。だから、食べる前に観に行けばいいんです。

ユーカリを食べる前のコアラはこんな感じです。凛々しさすら感じさせるなかなかいい表情をしています。でも、体のフォルムがユーモラスなので、結局可愛くなってしまいます。

で、お昼ご飯でユーカリを食べます、一生懸命食べてますねー。食べる姿もとってもかわいらしいです。

で、食べたら皆さんお馴染みのこの感じです。こうなったらもう全く動きません。

という事で、アクティブなコアラを観たかったら、自分たちのお昼ご飯は後回しにして、まずはコアラを見に行きましょう。

撮りに行ったのは、埼玉のこども動物自然公園です、コアラ以外にも可愛い動物が多くておすすめですよ。

埼玉県こども動物自然公園で動物たちをX-T20で撮りまくってきたよ
かわいいがいっぱいの動物園 突然コアラが観たくなってやってきました、埼玉県こども動物自然公園。自転車ではるばるやってきたのでもうヘトヘト。これは癒してもらうしかない。 コアラは観るとし...

ちなみに、この時使ったカメラとレンズは富士フイルムのX-T20と50-230mm。

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

X-T20撮影テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
良いなと思ったら、シェアしてください
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント