スポンサーリンク

生活の中で街の人に寄り添うようにひっそりと咲く桜が撮りたくなった

X-T20
スポンサーリンク

桜を撮っているうちに新しい考えが浮かぶ

3年に渡って、いわゆる花見の名所みたいな場所で桜を撮ってきました。

氷川神社から大宮公園の桜をX-T20で撮影してきた
満開の桜を落ち着いて撮れる穴場 都内の桜の名所はどこもかしこも人が多すぎて桜を愛でる風情も心の余裕もあったもんじゃないのであまり好きではありません。この間行った夜の六義園でちょっとげんなりし...
春はやっぱり桜、X-T20で撮った桜の撮影スポットの作例をまとめました
桜の画像をたくさん紹介しちゃいます 僕はいろんな花が好きですが、やっぱり桜は別格。春になると毎日ワクワクそわそわしちゃいます。あっという間に散ってしまう切なさがまた心を打つんですよね。 ...
夜のライトアップされた東京スカイツリーと河津桜
都会の空も見上げてみるといいかも 千葉の海まで車で星空を撮りに行く途中、首都高から見える夜景の美しさに心を揺さぶられて、都会の春の夜を撮るのも良いなと思い立ち、向島出口で降りてスカイツリーへ...

どの桜のスポットも確かにとても美しく、満開の桜を目に焼き付けることができる。ただ、その迫力に違和感を感じ始めたのです。

桜って、色も咲いている時間も散りゆくさまも儚げで、その儚げな繊細さが持ち味なんじゃないかなと。それなのに、僕が観てきた桜はどれもスターのように何だか堂々としてる。まるで、スタイル抜群のグラビアのように威風堂々と見せつけてくる。

こんな感じに見せつけられる
菜々緒
¥ 5,400(2019/05/30 00:20時点)

何か違うなと。控えめなんだけどその中に美しさが秘められてるみたいな感じこそが桜の楽しみ方なんじゃないかなと考えるようになったわけです。

街の中で咲いている桜を撮る

という事で、街の中で特別にクローズアップされることもなく咲いていて、でもその地域の人は愛しているみたいな桜を撮りたいなと思ったんですが、これが難しくて。何しろ、お花見スポットではないので、情報が得られない。

この情報が行き交う2019年に自分の目と足で探すしかないわけです。休みの度にクロスバイクに乗っていろんな所を当てもなく漕ぎ続ける。

そんな事をしているうちに何とかいくつか見つけました。

団地の裏に一本だけ咲いている桜。この一枚から飾らない生活感が伝わってくる所がお気に入り。

こちらは小さな祠を覆うように咲く一本。昔からずっとここで街を見守ってきたんだろうなっていう背景が感じ取れるのが素敵です。
しばらく見惚れていると、そこにおじいさんが。この後、桜の目の前まで来たところで自転車を押す手を止めて、桜を見上げていました。このおじいさんも桜も毎年特別ではないけどお互い顔を合わせてというのを何年も繰り返してるんでしょうね。観たかった景色がここにありました。

ここからは駒込駅前の桜。駒込駅と言えばすぐ近くに六義園があって、日本でも有数の枝垂れ桜があります。まさに堂々とした桜の筆頭。

六義園のライトアップされたしだれ桜を撮影してきた
2年前との心境の変化 カメラに興味を持つようになって初めて迎えた春にも、六義園のライトアップされたしだれ桜を撮りに行きました。日本でも有数の美しい夜桜ですからね。 でも、結果的には桜は撮ら...

でも、個人的には帰り道に見かけたこの桜の風景の方が好きでしたね。満開でありながら、街を行き交う人は立ち止まるでもなく下をくぐっていく。その情景が儚くて。まさに街に溶け込む桜。

地元の方だと思われる二人の女性が、バス停のベンチに座ってこの夜桜を満喫していました。この画が撮りたかったという理想。この一枚が今年一番のお気に入りの桜の写真、撮れて大満足です。

3年の間で撮りたいと思う物が変わってきたのが自分でも面白くて、嗜好が変わっていくのを楽しんでいます。桜だけじゃなくて、全体的に街の風景、そこに暮らす人々っていうどちらかというとストリートスナップ寄りの被写体が好きになってきているなというのが最近の感覚です。

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

X-T20
スポンサーリンク
スポンサーリンク
良いなと思ったら、シェアしてください
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント