スポンサーリンク

鋸山にロープウェーで行ってきたけど混みすぎ

千葉
スポンサーリンク

鋸山に登ってみよう

3連休にずっと行きたかった千葉に旅行に行きまして、鋸山に登ってきました。
と言っても、全部自分の足で歩いて登るのは大変なのでロープウェーで。料金は往復で大人(12歳以上)は950円、子供(6歳以上)は450円。

山麓駅から乗ります。すでに30人くらい並んでる、曇ってるのに。晴れてたらこの倍くらい並ぶのかなぁ。

ロープウェーは頂上まで連れて行ってくれます。

ロープウェーは激混みで人の頭が邪魔して景色を余裕を持って楽しむことはできません。あれ、もう少しどうにかならないのかなぁ、通勤電車じゃないんだから。

ロープウェーの中で添乗員の人が鋸山について説明してくれます。千葉の三名山で標高は3百何十何m・・・みたいな感じで。3百メートルで千葉の名山になるのか、本当に千葉って平らなんだなぁなんて思っていると、頂上に到着。

頂上は展望台になっていて、行った日はあいにくの曇り空でしたけど、晴れてたらいい写真が撮れそう。東京湾の向こう岸が見えてます。

頂上にはなぜか猫もいます。直前まで可愛い顔してたのに、近づいてシャッターを切ったら奇跡的に撮れた邪悪な顔の一枚。何これ、めっちゃ怖い。

ここから山道を登ったり下りたりすると、目の前に地獄のぞきが見えます。

ただ、この地獄のぞきの先っちょに行くために、もう数えるのも嫌なくらい人が並んでました。しかも、みんなそれなりに写真を撮るので、まぁ時間がかかりそう。なぜ山の上で行列に並ばないといけないのか、東京の新しくできたおしゃれスポットじゃあるまいし。どうせ曇り空だし、とてもじゃないけど並んでられないなぁと諦めちゃいました。

個人的には、もう鋸山は一回行けば十分かなって感じです。千葉には他に行く価値のある所が山ほどありますからね。

こっちはおすすめ、行ってよかった!

館山ファミリーパークでポピーの海に溺れてきた
春と言えば花を撮らなきゃ! 千葉に来て、一つ目の目的のド迫力の朝日は撮れました。 千葉に来た目的のもう一つは「花」。春の千葉は鼻を撮影できるスポットがたくさんあるという事で、そ...
館山の海岸で生まれて初めての日の出を撮影、大興奮
日の出を見るために千葉に来た 今回の旅行の大きなテーマの一つは「太陽」。ガイドブックによると、館山は房総半島の西側なので、西の海に沈む夕日が見られて、僕の愛用しているX-T20が活躍するだろ...
X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

千葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
良いなと思ったら、シェアしてください
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント