すごく便利になるのに!APIを公開して欲しいWEBサービス3つ

スポンサーリンク

APIの公開希望

InstagramやTwitterのAPIを使ってみてから、そのWEBサービスのデータを使って新しい価値が提供できる楽しさに気付きました。それと共に今まではただ利用していたWEBサービスも「このWEBサービスからもAPIが公開されれば良いのになぁ」とか思うようになってきた。今日はそんな中でも特に思うものを3つ紹介します。

  1. ZOZOTOWN
  2. 公開されたらアフィリエイト的なサービス、Eコマースなんかは当然作れるんだけど、それ以外にもいろいろ遊べそう。この組み合わせはアリかナシかを投票するとか良いよね。女の子と男の子でアリ/ナシの違いが見えてきたりしたら面白いだろうし。年代でも変わってくるかもしれない。他にも、一番カッコいいコーディネートを考えてた人にプレゼントする企画とかも良いなぁ。地域で組み合わせに癖があるのかどうかが見えてくるようなWEBサービスを作ったりもできそう。東京の子はこんな合わせ方するけど、神戸の子の合わせ方面白い!みたいなのが見えたら楽しいよなぁ。ひたすら赤い品だけを売るサイトとかがあってもいいよね。

    って書いてて思ったんだけど、もはやセレクトショップの店長になれるのか、夢が広がるー。

  3. 特許電子図書館の特許検索サービス
  4. これやってくれたら、特許庁は素晴らしいと思いますね。分野別・年代別に企業や発明者のグラフが作れるようになったら、将来伸びそうな分野における優秀な企業がわかって株の売り買いの参考になったり、その企業のキーとなる技術を持ってるエンジニアが分かったりして高値でヘッドハンティングされたり。日本の特許についてやってくれるだけでも、日本市場がいい方向に進むような気がします。
    ちなみに僕も100件くらい出願していて、40件くらいは登録されてます。特許出すの好きなんですよね、世界と知恵比べしているって面白いじゃないですか。

  5. Kickstarter
  6. Kickstarterで個人的に欲しい機能は、投資している側の人の情報ですね。優秀な目が利く投資者を見つけ出して、その人が投資しているアイデアを把握してみたいですね。あとはもう少しで投資額に届きそうなプロジェクトばかりを集めて投資者を募りたいですね、仮装大賞の欽ちゃんみたいに、「あと少しだから入れてあげてよー、頑張ったよー。」っていう感じのサービス作りたいですね。

2015/03/07 追記
上で言ってたZOZOTOWNの情報を使ったコーディネートサービス、実現しちゃいましたね。しかも若い女性たちに結構人気があってビジネスとしても成り立ってるみたい。有名なところだけでも3つもあるし、WEARなんてまんまZOZOTOWNで買い物できちゃうし。

思ったアイデアが実現したという事は、僕のビジネスセンスもなかなかイケてるってことで自信持っちゃいましたね。このブログではたくさんのアイデアを公開していますけど、実際に作ったら儲かるものが他にもあるかもしれませんねぇ。

WEAR
IQON
CoordiSnap

スポンサーリンク
すごく便利になるのに!APIを公開して欲しいWEBサービス3つ
この記事をお届けした
Findelightの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!