スポンサーリンク

六本木ヒルズからSAMYANG 8mm F2.8で東京まとめ撮り

X-T20
スポンサーリンク

魚眼レンズと言えば、パノラマビュー

せっかく魚眼レンズを買ったんだから、展望台から見渡す限りの景色をまとめて一枚に収めたい。東京のビル群とか全部。

東京の展望での撮影スポットはいくつかあるかと思うんですが、今日は六本木ヒルズにしてみました。

という事で、地下鉄の六本木駅から出て、六本木の交差点。雲一つない絶好の撮影日和。ここから六本木通り沿いに歩いていけば、六本木ヒルズはすぐそこです。

途中の花屋でポインセチアを発見。今日は12/17、クリスマス前ですからね。魚眼レンズの歪みのおかげで、ポインセチアが凝縮されてて良いんですけど、うーん、SAMYANG 8mm F2.8は近距離のピントが甘い気がする。富士フイルムの純正品ではないので、マニュアルフォーカスのみ対応でAFが利かない。画像を見ながらフォーカスリングを回して調整するので、僕のピント合わせの技術のせいか?これについては、別途テストしないとな。

偶然通りかかった、シェイクシャック。お昼時だったのもあって、10人くらいの行列。魚眼レンズを使って分かった事は、こういう角に向かい合うようにして撮ると凄く飛び出しているように見えて面白い写り方になる。

数分歩いて、六本木ヒルズに到着。ここはACROSで一枚。

初めて六本木ヒルズに来たんで、きょろきょろしてしまう。きょろきょろしながら進んでいくと良い被写体になりそうなエスカレーターがあったので撮影。こんなところで立ち止まってたら危ないのでそのまま乗り込む。

乗ってる間も結構時間がかかるので暇つぶしにもう一枚。ちょっとした近未来感。

東京シティビューとスカイデッキ

六本木ヒルズの展望台には2種類あって、屋内と屋外の展望台があります。屋外の方をスカイデッキといって、2種類まとめた展望台の事を東京シティビューを呼ぶらしいです。はい、めっちゃややこしいですね。

で、屋外展望(スカイデッキ)からの撮影が狙いだったんですけど、この日は強風のためにスカイデッキは閉鎖。強風で閉鎖になることがあるなんて知らなかったので、超がっかり。次からは調べてから行こうと思います。せっかくなので、屋内展望だけでも楽しむことにしました。

うわー、良い景色!と思って撮ったら、屋内の展示物が反射して映っちゃってるじゃん!えー、困った。

ここで、普通のレンズならフードを付けるなり、黒い布で覆うなりすれば何とかなるんですけど、魚眼レンズの場合、布で覆うとその布自体が映っちゃうんですよね。あー、使ってみて初めてわかることもあるもんだ。景色は最高なのになぁ。

ちょうどこの日はブルガリの展示イベントをやっていて、それを観ることもできました。これはジョジョの作者、荒木飛呂彦とブルガリのコラボを記念して描かれた一枚。正面から撮りたかったんですけど、そうすると画のガラスに自分が映り込んじゃうんですよ、本当に反射って厄介だわ。

歩いているうちに、ブルガリの展示のために壁一面を黒く覆ってくれているエリアを発見!!内装全部を黒くしてくれれば映り込みはなくなります。撮ってみると、ほらこの通り。

ありがとうブルガリ!ブルガリ最高!!ブルガリ尊い!ちょっと売り上げに貢献できるかもしれないから宣伝する。

屋内展望内ではブルガリのカフェなんてのもできてました。

出口の近くには、ドラえもんのコンセプトのカフェ。かなり並んでましたね。何か面白い構図だったので一枚撮っておきました。

帰りはせっかくなので、ビルの中のショッピングモールも散歩。ここでもやっぱりクリスマスツリー。それにしても、最近のクリスマスツリーはどこもデザインに趣向を凝らしていて面白いですね。

今回撮影に使用しているカメラとレンズはX-T20とSAMYANG 8mm F2.8。

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

X-T20東京
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぜひシェアしてください、お願いします!
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント