スポンサーリンク

撮るのが難しいバラをしっかりとキレイに撮る方法を教えます

X-T20
スポンサーリンク

大好きなバラの季節がやってきた

今年も、この時期がやってきました。毎年、バラを撮りに行ってるわけですが、だんだんと自分が撮りたいイメージ通りの写真が撮れるようになってきました。

富士フイルムのX-E2を持って旧古河庭園にバラを撮りに行ってきたよ
古河庭園の春のバラ祭り バラが好きなので関東のバラの名所こと東京の旧古河庭園に行ってきました。 ずーっと行きたかったんですよね、仕事で近くに立ち寄ったのでこれはチャンスと思って、X-E2を...
花の女王、バラを撮りに与野公園に行ってきた
5月と言えば、バラの季節 神奈川の港の見える丘公園、東京の旧古河庭園とこれまでバラの有名な庭園を回りましたが、今回は三か所目。埼玉の与野公園です。 開花状況は最高、バラ祭り...

今年はさらに上達していることを期待して、丁寧に撮影したいと思います。
この日のカメラとレンズの組み合わせはこちら。富士フイルムの中では一番安いレンズです。これでも丁寧に撮りさえすれば、十分にイメージ通りの素敵なバラの写真を撮ることはできます。



バラを撮る時の注意点

光に注意

色が鮮やかなバラは曇り空のもとで撮る方が、光が雲で拡散して柔らかく光が当たるようになるので、しっとりとやわらかく撮ることができます。

やわらかいイメージで撮ったのがこちら。フワフワとした感じが伝わりますでしょうか。

このように撮るためには、晴れている時でも太陽に雲がかかるまで、ひたすらじっくりと待ちます。

特に、深紅のバラは色が抜けがちなので要注意。花びらの隅々まで色が抜けていないかをチェックして、露出を暗めに調整します。
もし露出が少しでも明るくなると、下の写真のように赤色が抜けてしまってピンク色のようになってしまいます。これが色抜けです。

露出を丁寧に調整すると、艶のあるしっとりした質感のある上品な口紅のような紅を表現することができます。

晴れている時に撮ると、花びらに影ができて明暗差ができ、硬い印象になります。そして、黒くつぶれたり、色が抜けたりしやすいので、撮るのが難しくなります。

太陽の光が直接に当たることで、キラキラと輝く健康的な印象を表現することができます。どちらが正解というわけではありませんよね、好みの差というか、バラをどう表現したいかの差ですね。

薄い色の品種は光が当たっている方が爽やかな美しさが出るかもしれません。

視線の位置を変える

せっかく晴れた中で撮るのなら、青空を背景に撮るのも良いかもしれません。その場合は、視線をぐっと下げて、屈んで見上げるようにカメラを下げたところから撮影します。

視線の上げ下げは、それだけで映る花のイメージがかなり大きく変わるので、頻繁にやってみてください。スクワットになるので、いい運動にもなりますよ。

どこからどこまでが被写体なのか、ボケを意識する

あとは、どこからどこまでピントを合わせるか、逆にどこはボケさせるかをイメージして、その通りになるように絞りを調整しましょう。絞りの値を大きくすると、広い範囲でピントが合います。逆に絞りの値を小さくすると、ピンポイントでピントが合うようになります。

前の花は全体的にピントがあってて、後ろの花たちはボカしたいときはある程度大きな値の絞りで。その場合、シャッタースピードが長くなりすぎていないか、チェックしてください。何回か撮ってもぶれちゃう場合は、ISO感度を上げて、シャッタースピードを短くしましょう。

一輪の花の前面だけにピントを合わせたいときは、ぐっと絞りの値を小さくしてみます。この場合、ピンポイントでしかピントが合わないので、くれぐれも前後に動いてしまわないように気を付けてください。風が吹いたりして花が揺れてる時は撮らない方が良いです、じっと獲物を捕らえるハンターのごとく待ちましょう。忍耐の先に良い写真があります。

ノスタルジーに心を奪われた

この日の最大の収穫は、このノスタルジーという品種のバラを見つけた事。今まで観たバラ、いや全ての花の中でも一番惹きつけられたかもしれません。このコクのある赤から清らかな白へと移っていくグラデーションをボリュームのある花びらで表現しているんですよ。

赤と白を両方きれいに表現するために、細心の注意を払います。白が飛んでしまわないように、逆に暗くしすぎる事でくすんでしまって清らかさを失ってしまわないように。赤が鮮やかに出るように。

光が強く当たってしまうと白が飛んでしまうので、太陽が雲で覆われるまで粘り強く待ちます。その間に、フィルムシミュレーション、トーンのイメージを膨らませます。ASTIAで、シャドウを硬めにして黒をバックにすることで、立体的に浮かび上がるようなイメージで撮りました。花の中から光っているような不思議な写真になっているかと思います。狙い通りです。

でも、この花はそれだけの気を遣って撮る価値がありますよね、丁寧に撮れば撮っただけ、美しく残ってくれるので。

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

X-T20
スポンサーリンク
スポンサーリンク
良いなと思ったら、シェアしてください
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント