スポンサーリンク

花の女王、バラを撮りに与野公園に行ってきた

X-T20
スポンサーリンク

5月と言えば、バラの季節

神奈川の港の見える丘公園、東京の旧古河庭園とこれまでバラの有名な庭園を回りましたが、今回は三か所目。埼玉の与野公園です。

港の見える丘公園でバラを楽しむ
悲願の港の見える丘公園 5年ほど横浜に住んでたにも関わらず、一度も港の見える丘公園に行ったことがありませんでした。普通はデートとかで行くんでしょうけど、そういう縁がなくずっと行ってみたいなと...
富士フイルムのX-E2を持って旧古河庭園にバラを撮りに行ってきたよ
古河庭園の春のバラ祭り バラが好きなので関東のバラの名所こと東京の旧古河庭園に行ってきました。 ずーっと行きたかったんですよね、仕事で近くに立ち寄ったのでこれはチャンスと思って、X-E2を...

開花状況は最高、バラ祭りの真っ最中

行ったのは5月20日で、ちょうどばらまつりが行われていました。バラ園に続く通路では露店が出てたり、バラの苗木を販売していたり、隣の広場ではステージイベントが行われてたりと非常ににぎやか。バラ園にもたくさんに人がいて皆さん、思い思いに撮影をされています。

と言っても、そこまでの混雑ではなくて、人が邪魔で撮影できない、どこを撮っても人が写りこんでしまうなんてことはありませんでした。

お祭り当日という事もあって、開花状況は満開。だいたい毎年5月の中旬から6月の初旬が見頃のようですね。この日は咲いているバラの種類も非常に豊富で、全部で現在約170種類、約3,000株のバラが植えられているとの事。これは胸が躍ります。

ということで、早速撮影!!

この日はあえて、普段はあまり設定しない条件でも撮影してみました。だいたい、いつもはシャドウトーンをプラスして露出を-1/3EVにしてるんですけど、あえて露出を明るめにしてみたり、トーンをソフトにしてみたりしています。

おかげで今まで撮れなかったバラの表情が観れたかなと言うのは収穫ですね。あえて、普段と違う事をしてみるのは撮影の幅が広がるので、他の被写体でもやった方がよさそうだなぁ。

と言いながら、やっぱり少しアンダーで、ハードトーンで撮るのがバラの持つセクシーさが際立つと思う。特に、青いバラは。

同じバラでも黄色系の物は、少し明るめにした方が健康的な感じがして良いのかな。

少し花びらが萎れてきたバラも暗めに撮ると、味が出て好き。

種類が豊富すぎる

バラって、赤のイメージがありますけど、本当にいろんな種類があって、どれも美しくて撮ってて楽しいんですよ。

たくさん撮ったので、たくさん載せてみました。

夕暮れ時もバラは似合う

日が暮れて、夕日が差して来ると、光の当たり方が変わって、雰囲気が変わってきます。

黄色いバラには、オレンジ色の光が相性がいいですね。

深紅のバラは撮るのが難しい

そして、さすがのX-T20でも深紅のバラをそのままに残すっていうのは難しい。目で見た感覚の色合いと何か違う。もっと鮮やかで濁りのない赤だったんだけど、露出を暗くすると濁るし、明るくすると花びらの一部がピンク色になりはじめるし、どうにもならなかった。トーンとか設定をうまく工夫すればイケたのかなぁ。

やっぱり、バラと言えば真っ赤なバラを撮りたいじゃないですか、主役が撮れなかったのはやっぱり悔しい。

諦めずに、秋のバラの時に再チャレンジしよっと。

マクロエクステンションチューブを用いて、マクロ撮影にもトライしました。こちらもご覧ください。

富士フイルムのマクロエクステンションチューブでバラを撮る
X-T20でバラをマクロで撮る バラは一輪でも、何層もの花びらが重なっていて奥行き感があって豪華なので、マクロ撮影してみたいんですよ。 僕の愛用しているX-T20でマクロ撮影するには、...

与野公園について

与野公園のすごい所は入場がタダな所。それなのに、たくさんの種類のバラが見られるから最高。

しかも、24時間開園しています。夜のバラを撮るのもオシャレかもしれません。

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

X-T20埼玉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぜひシェアしてください、お願いします!
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント