スマホで撮った画像に秘密のメッセージを載せる機能をLINEに入れたら?

スポンサーリンク

秘密のメッセージを共有

スマホで撮った画像に秘密のメッセージを埋め込めて、受け取った人にだけ画像上にメッセージが表示されて読めるというスマホアプリがあったとしたら良いと思いませんか?実は結構簡単にできちゃいます。

Exifを使おう

スマホやデジカメで撮影された画像は「****.jpg」という名前で記録されます。そして、パソコンでこの画像データのプロパティを見ると、下の画像のように撮影された時の条件が表示されます。
exif

何で画像を選択しただけなのに撮影した条件についての情報が出てくるか?というと、これはExifフォーマットと言って、jpgファイルの中に撮影条件などの情報を書き込んであるんです。そして、Exifフォーマットではルールを守っていれば好きなことを書き足してもいいことになっています。実際、各カメラメーカーは自分たちにとって後の管理が便利なように情報をいろいろ書き込んでいます。これをメーカーノートといいます。

意識していなくてもExif情報は書き込まれているので、GPSで検出した撮影時の位置の情報、要はこの画像はどこどこで撮ったものだよという情報が書かれている事を知らないでブログやSNSに学校や自宅で撮った画像を公開して、学校や自宅の場所を特定されるなんていう問題が起こっていたりもします。

twitterやfacebookだとその辺を懸念して、Exifは消してくれているみたいですね。

TwitterとFacebookにアップした画像のEXIF情報は自動で削除されます(公式のみ)

LINEに入れたらウケると思う

なので、ここからが本題ですが、メッセージの内容、フォントの種類、文字の色、文字の大きさ、表示する場所、角度なんかをExifの中に書き込んでおけば、それを読む方法を知っているアプリだけが読める秘密のメッセージになるわけです。秘密のメッセージをExifに書いたり読んだりするアプリを作れば、そういうことも可能です。パスワードを設定することもExifフォーマットを使えば出来てしまいます。

だから、そのアプリを使ってたくさんの友達で写った画像の中で好きな子の所に告白のメッセージを載せてその子に送れば、他の子が共有して見てたとしても告白のメッセージは伝えたい相手にしか見えません。

秘密のメッセージと言えば女子中高生と相場は決まっています。僕が中高生の時には手紙を回してたりしましたよね、授業中に。あれ、すごく楽しそうにやっていました。きっと今の女子中高生も秘密を共有したい願望あると思うんですよ。

やっぱり、今なら女子中高生と言えばLINE、LINEにこの秘密メッセージ機能入れたらかなり流行りそうな気がするんだけど、どうでしょうか?

スポンサーリンク
スマホで撮った画像に秘密のメッセージを載せる機能をLINEに入れたら?
この記事をお届けした
Findelightの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!