スポンサーリンク

スカイベリーの食べ放題で感動、こんな甘いイチゴ食べたことない!

栃木
スポンサーリンク

今まで知らなかった栃木の新しいイチゴ、スカイベリー

毎年、春になるとイチゴ狩りに行くのが我が家の恒例行事。
いつも訪れるのは佐野市にあるアグリタウン。

-佐野観光農園アグリタウン いちご狩り-
栃木県佐野市のアグリタウンでは、いちご狩りやブルーベリー狩りなどの味覚狩りイベントを始め、農産物直売所や喫茶コーナー、農村レストランなどもあり、ご家族・カップル・お友達とお楽しみいただけます。

もう3年くらい行ってますかね、とちおとめの食べ放題なんですけど、店で買うイチゴとは全然味が違って、甘みたっぷりでジューシーで、子供たちも、もちろん僕も毎年行くのを楽しみにしてます。

佐野観光農園 アグリタウンでイチゴ狩り
イチゴ狩りかぁ 佐野観光農園 アグリタウンにイチゴ狩りに行ってきました。僕はイチゴ狩りは初めてで、あんまりイチゴは普段積極的に食べないんで、まぁ子供たちが喜んで食べてくれればいいかなと思って...

今年行ってみると、スカイベリーの食べ放題っていうのが始まってました。聞いたこともない謎のいちご、スカイベリー。しかも、スカイベリーの食べ放題の方が料金が500円高い。高いだけの理由があるんだろうと奥さんに聞いてみると、奥さんも食べたことはないんだけど、何でも新しく生まれた栃木一押しのめっちゃ旨いイチゴらしい。

すごく気になるんでスカイベリーの食べ放題を選択。この時来ていたのは30グループくらいいたと思うんですけど、その中でスカイベリーを選んだグループは、2組だけ。まぁ500円高いって結構なインパクトだもんね。

でも、ジョイさんは好奇心で生きてるので、新しい物は飛び込んでみる性質なんです。

とちおとめとは比較にならない旨さ

2組が通されたのは、一棟のビニールハウス。たった2組なので、広々です。一面に並ぶイチゴの列。

こちらがスカイベリー。観た感じはとちおとめより大きめです。

一つ摘んでみると大きさが伝わるでしょうか。陽の光が当たって、赤い宝石のよう。

かじった瞬間、異次元の旨さが口の中に。とちおとめも十分美味しいんですよ。それは前置きした上で、スカイベリー別格です。果肉が柔らかいし繊細だし、果汁が滴り落ちてくるし、その果汁の甘みが強いし、一口食べた時に思わず顔を見合わせましたからね。「え、この旨さウソでしょ?」って感じで。

観てください、このかじった断面のみずみずしさ。イチゴでこんなの観た事ない。

生まれて初めて、イチゴを食べながら果汁をこぼして服を汚さないかを気にしました。スイカとか食べるときの感じを想像してください、あの感じでこぼれてくるんですよ。

とちおとめだと、大きいつぶは大味になってたりするんですけど、スカイベリーは大きい粒ほど美味しいのも特徴。大きい粒に噛り付けるんで口いっぱいに旨さが広がって、満足感と幸福感が半端ない。

どう考えても、来年もスカイベリーですね。すごいよスカイベリー。

みなさんも、まだ間に合います。ぜひ春の栃木へイチゴ狩りに。

それはちょっと遠くてという方は、こちらをどうぞ。

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

栃木グルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
良いなと思ったら、シェアしてください
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント