SONYのスマホでカメラを操作するAPIで何ができるか

スポンサーリンク

デジカメをAPIで操作できる時代に

SONYがスマートフォンからカメラをコントロールするAPIを公開しました。

対象のカメラがミラーレス NEXだけでなくアクションカム HDR-AS15も入ってるのがいいですね。

何ができるの?

APIの仕様書を読んだかぎりでは、APIでできることはズームと静止画/動画の撮影/停止、スマホでのプレビューと非常に基本的なことだけです。API自体が面白い機能を提供してくれるわけではありませんし、スマホで操作できるデジタルカメラは特に珍しくもなくメーカー各社からすでに出ていますから、そのまま基本機能を実装するだけじゃなくて、みんなで頭をひねって何か面白い使い道(アプリケーション)を考えてねってことなんですね。楽しいアウトプットが出てくるといいですね。

センサとの連携がポイント?

ポイントは撮影開始のきっかけ(トリガー)を何でかけるかですかね。スマホはセンサ(GPS、時計、マイク、カメラ、タッチパネル、ジャイロなどなど)の塊なので、その中の何のセンサがどうなったタイミングでトリガーをかけるか、そこが面白いのかなと思いつつ、まだアイデアが出ていません・・・。

例えば、マイクと連携すれば、何かの音を拾った時、もしくは逆に音を拾わなくなった時に撮影することができますよね。特定の音を拾った時みたいなこともやろうと思えばできちゃうのかな。

時計と連携すれば、一定周期ごとに撮影するインターバル撮影ができるので、タイムラプスのようなことができます。でもそれって別に目新しくないから、もう一つ、いや二つくらいひねり出さないといけないよなぁ。

スポンサーリンク