秩父の栃本広場で満天の星空に包まれる、最高の撮影に!

スポンサーリンク

星空を写真に収めるのが夢

SAMYANGの魚眼レンズを買った時に、撮りたいなと思った被写体の一つが満天の星空。

人生で一度も満天の星空を観たことのないせいぜいオリオン座くらいしか観たことがない都会暮らしなんで、そもそも暗い所に行けば肉眼で星ってどのくらい見えるのかさえ分かっていません。Instagramとか、Twitterとかで満天の星空の写真がアップされてるんだけど、あれは見えてないけど撮れてるの?PhotoShopのマジックなの?その辺がずっと気になっております。

関東の星空ポイントで有名な場所として、秩父の栃本広場って所があるというのは調べたので、あとは星空が出る日を待つだけです。

星空が出るかを調べる方法

星空が出るかどうかはここのサイトを観れば分かるって事だけは知っておりまして、魚眼レンズをゲットしてからは毎日チェックしてました。

全国の今日明日、週間の星空指数を掲載しています。天体観察にご利用ください。気象予報士によるお天気解説や季節のコラムも人気です。

そして、ついに12/22は星空指数100%に!これは行くしかない!

最高すぎて最高!!

サンタクロースばりに夜から車で出発、途中、ホントにこっちで合ってるのかなと不安になるほどのすれ違いもできないほどの狭い山道をいくつも越えていくと栃本広場の標識が。もちろん街灯もなく辺りは真っ暗、これは期待できる。

広場というと聞こえはいいんですが、ただの山の上にある駐車場。広さは2、30台停められるかなってくらい。先客がおそらく2人。おそらくというのは、あまりに真っ暗すぎて人がいるのかいないのか、車が停まっているのかいないのかも分からないんです。足音とカメラのシャッター音だけが時々聞こえてくるだけ。大人の男の自分でもちょっと怖い。

車からカメラ機材一式を持って降りて見上げてみると、満天の星空!下に載せてる画像そのままの景色が目の前に広がってました。肉眼でも細かい星までちゃんと全部見える!すばらしい!!

真ん中にはオリオン座、家の周りだとこれくらいしか見えないんですよ。ところが、幾多の星だけでなく、天の川まで見えています。PhotoShopのマジックでも何でもなかったんですよ。肉眼でも見えるし、撮影したら普通に写る。

画面の左の方が明るいのは、あちら側が秩父の街だからです。星空撮影のサイトとか見ると街の明かりは光害と言って悪者扱いされるんですけど、個人的には真っ暗より、このぐらいの少しの明かりならグラデーションになって好きかも。

目の前の星空全部を写し込める、あー、魚眼レンズを買って良かった!!!!魚眼最高!星空最高!!

夜はまだまだ長い

せっかくの星空、ここまできれいな状態に出会えることなんてめったにないんだから、色んなパターンを撮ってみよう。

せっかくなので、X-T20を使って星空を撮る時のやり方を簡単に。
まず、前面のフォーカス設定ダイヤルをM/C/Sの中のMにこれでマニュアルフォーカスになるので、レンズのフォーカスを無限遠に。あとは、シャッタースピードダイヤルをTに合わせ、コマンドダイヤルをくりくりと15秒~25秒くらいに合わせてシャッターを切る。これだけ、簡単ですよね。もちろん、三脚は必要ですよ。

ホワイトバランスを色温度を変えてどんどん撮ってみる。色んな変化を見せる星空。

シャッタースピードを長くすると星が動いて流れてしまうんで、シャッタースピードは20秒くらいにキープして、その分ISO感度を6400まで上げて、1つでも多くの星を残せるように明るく撮ってみる。そして、またホワイトバランスを色々と変えていく。

ミラーレスでもAPSサイズでも十分撮れる

初めて星空の撮影にチャレンジしたのですが、ものすごくきれいに撮れてめちゃくちゃ楽しかったです。あまりの美しさに圧倒されて一人でため息ばっかりついてました。10分くらい地面に寝そべって星を見上げるという贅沢な時間を過ごしました。気温は0度だったけど、そんな事は美しさの前では忘れてましたね。

肉眼でも見える事も驚きだし、本格的なフルサイズの高価な一眼レフカメラじゃなくてもお手軽なAPSサイズのX-T20でも、フォトショップでいじらなくても十分写してくれます。ちなみに、僕が撮影に使った機材一式はこれです。コンディションさえ揃えば、これで十分です。この組み合わせなら小さいリュックで十分持ち運べるんで、ホントに便利。


今年の終わりにこんなご褒美をいただいて、神様ありがとう。少し早いクリスマスプレゼントをくれたと思って、来年もまた一年撮影を楽しみながら自分が撮りたい写真が撮れるように頑張っていきます。