座間で人生初のひまわり畑を体験、X-T20で撮影しまくり その1

スポンサーリンク

夏と言えば?ひまわり!!

X-T20を買って初めての夏、夏に撮りたいものと言えば、やっぱりひまわり!

という事で、ひまわりを撮りに行くために関東の大きなひまわり畑を調べたら、座間にすごいのがあって、しかも今が満開だという情報が。
これは行くっきゃない!

混み方が半端じゃない

小田急線の相武台前駅からバスに乗って、と思って駅を降りたらバス停から駅の構内まで行列ができてる!?

やばいどうしよう?と思って、よく見てみると、ひまわり畑への直行バスに乗りたい人の行列で、普通の路線バス(こちらは最寄りのバス停からひまわり畑まで10分くらい歩く)は、それに比べると、行列はしてるけどかなり短め、次にバスが来たら乗れそうな感じ。

これは路線バスに乗るのが正解だろうと乗りこんだら、その後からどんどん人が乗り込んできて、車内がえげつない混雑ぶり。花を愛でに行くのに都心の通勤ラッシュ張りの混雑度。まっすぐ立てないレベル。殺伐とした車内、ひまわりのような笑顔は皆無・・・。

さらに車でひまわり畑に向かう人たちとの渋滞で、殺気度MAX。本当に全然進まない。しびれを切らした運転手さんが、「なかなか着きそうにないので、途中ですけど降りたい人は降りていいですよ。」ってドア開けてくれた。人生2度目のバス停以外での降車、1度目が東日本大震災の次の日での混乱による渋滞だったんだけど、それに匹敵する渋滞を引き起こすひまわりの魔力恐るべし。

さらに観てみたいという期待が高まってきたんで、速足で現場に向かう。

駅前で配られてた地図をもらっておいてよかった。地図を観ながら10分くらい歩いたかなぁ。

田んぼの中を進んでいく。

と、見えた!ひまわり!今までの疲れがふきとんで早足に。

何だろ?と思ったんですけど、上から一面のひまわりを撮影するための台なんですね。近づいてみると30人くらい並んでました。まぁ後で並んでみるとして、まずは撮影してみようー。

曇っているのを逆手にとってホワイトバランスで遊ぶ

ここまでの写真でもわかると思いますが、あいにくの曇り空です。本当はやっぱり「夏!!」って感じを出すには満開のひまわりとバカみたいに青い空ってのが定番なんですけど、それは今日はできません。

だからと言って曇り空をそのままとって帰るのはもったいない。こういうときはホワイトバランスで遊ぶチャンスです。

何で、ホワイトバランスで遊べるか、それは空が無彩色だからです。色がない。色がないから何色にでも塗れる。ホワイトバランスで色を回したとしても違和感が出ないというわけです。

AUTOで撮るとこんな感じのいわゆる曇り空。ここから遊んでみましょう。

ひまわりの後ろ姿と合う色合いに。温かい色味のようで、寂しい感じ。

夏のひまわりを涼しげに撮ってみる。

かなり赤く色を回してみる。夕暮れとも違う不思議な雰囲気。

逆にかなり青く。レモンイエローのような爽やかさ。

一番ひまわりがひまわりらしい色になるように調整。

これらの写真はほぼ同じ時間帯に撮ってます。ホワイトバランスは作品の幅が広がるので、いつもオートで撮ってる人はぜひ一度マニュアルで設定してみてください。本当に楽しくなりますよ。

撮影台から一面のひまわりを見下ろす

さて、最初に見たあの高台に登ってみました。どんな風に見えるのか興味があったので。

来年行くであろう皆さんの参考になればと思います。

広角で撮るとこんな感じ。びっしり!っていうほどの密度じゃないから、ちょっといまいちかも。

部分的に密集して咲いている部分はあるので、そこに絞って画角を望遠側に設定した方が咲き誇ってるよ感が出るのでいいと思います。こんな感じで。

まだまだひまわりは撮影で遊べる 曇りの日にホワイトバランスでひまわりの雰囲気をガラッと変える遊びを楽しんでました。ですが、まだ...
やっぱインスタって鬼すごいや タイトルにも書いてるんですけど、こういう一面のひまわり畑って初めて行ったんです。で、行って見た光景がちょっと...