シルバニアファミリーはどこへ行く?

スポンサーリンク

女子の憧れ、シルバニアファミリー

皆さん、シルバニアファミリーってご存知ですか?まぁ、女の子であればほとんどの方はご存知かとは思いますが、男性はどのくらい知ってるんでしょう。

1985年にエポック社から発売された、動物をモチーフにしたドールハウスです。ドールハウスっていうのは、おままごと用の小さな人形とその家、および家具や日用品のセットです。

ちょうど今年は生誕30周年のようで、シルバニアファミリー誕生30周年記念事業の一環として「シルバニアファミリー あそびのお部屋」とが東京の自由が丘と大阪のATCにオープンしてるらしく、シルバニアファミリーの世界観がたっぷり広がる幅約3m×6m、500体以上の人形を使用(国内で販売されている全種類の商品)した巨大なジオラマや自由に遊べるコーナーなんかもあるとの事で盛り上がっているようです。

公式サイトももちろんあります。

私の妹も、子供の頃クリスマスプレゼントにサンタクロースにもらって大事に使っていました。

何でシルバニアファミリーの話なのか?というと、先日おもちゃ屋さんで見かけて、「あれ?」と思ったからなんですよ。

女の子の憧れ・・・?

繰り返しになりますが、シルバニアファミリーは女の子がおままごとに使う物なので、幼稚園や保育園、小学生くらいの女子が憧れる世界がモチーフになってることが多いんですよ。
だから、例えば、


幼稚園の先生、子供達の憧れのド定番だもんねー。



何と言ってもケーキ屋さん、女の子がたいていなりたいって言うやつ!


あと、お洋服屋さんもオシャレ大好き女の子からの人気は高いよね、わかるわかるよ。


ん?ふたりでおでかけオープンカー・・・?


大きな海のクルーズボート・・・??


海辺のすてきなレストラン・・・???

ってこれ、バブルの頃の価値観残した40、50代が憧れるホイチョイもびっくりのデートコースやないかい!!

congratulations

一体、シルバニアファミリーはどこに向かっているのか?

バブルの残党が結婚して子供が生まれて、その子供に自分の価値観を元に思わず買い与えてしまっているのでしょうか。それとも、バブルが忘れられない体に染み付いてしまって洗っても洗ってもバブルの残り香が消えない悲しきコンクリートジャングルの迷子たちが夜な夜な自分でバブル時代を懐かしむごっこで遊ぶために購入しているのでしょうか。

後者についてはあまり想像したくありませんが、無くはないなぁと思いながら、恐ろしさに後ずさりして家に帰りました。


スポンサーリンク