ついに初めての雑所得の確定申告へ

スポンサーリンク

成功者の証、雑所得の確定申告

趣味で始めた、このブログとスマホアプリの収益がまぁまぁいろいろありまして、ついに去年は確定申告が必要な20万円に届きました!やったね、やったね!

去年は赤十字への寄付金の控除で確定申告に初めて行ったんですけど、今年は所得に関する申告ですよ。ついにここまで来たか。
http://www.findelight.net/miss_chance/

で、確定申告の会場で係りの人に教わりながらどうにかこうにか終わらせてきたんですけど、この感じだと来年の確定申告の時期にはやり方をすべて忘れてしまって、また一人で出来ずに会場に行く羽目になりそうなので、ポイントをメモしておこうと思います。これからの人の参考になれば。

確定申告のやり方

所得税の確定申告書作成コーナーに行って、

「給与・年金の方」ではなくて、今回は給与とは別に収入があるので「左記以外の所得のある方」へ行く。

あとは源泉徴収票の内容に従って書いていく。ここはそんなにトラブらなかったので割愛。

ヤバかったのは、雑所得の項目で、種目「広告収入」と収入と経費をそれぞれ記載する必要があって、さらに名称(会社名)と、場所(会社の住所)を書かないといけなかったことですね。グーグルやアマゾンの住所を書かないといけないんですけど、そんなん知らないんでこれは焦りましたね。その場でスマホで調べました。来年の自分のためにここにメモしておこう。

アマゾンはこう。
・会社名:アマゾンジャパン合同会社
・住所:目黒区下目黒1-8-1
グーグルはこう。字数制限でPCでは記載できないので、印刷して手書き。
・会社名:Google Asia Pasific Pte. Ltd.
・住所:8 Marina View Asia Square 1 #30-01 Singapore 018960

住民税・事業税に関する事項

一番大事なのが、住民税・事業税に関する事項の所で、「(1)給与・公的年金等以外の所得がある方の入力項目」の部分。ここを必ず「自分で納付」にする。

添付書類

源泉徴収票、寄付をした場合は寄付の領収書、グーグルやアマゾンからの振り込みの用紙。

このグーグルやアマゾンからの振り込みの用紙を持って行かなかったことで別途郵送することになったし、絶対準備しておくこと。

一番大事なことは

来年も確定申告の必要があるようになること!以上!!