オリンピックを平和に楽しむための技術

スポンサーリンク

公正な採点

オリンピック、連日連夜、選手の皆さんが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるので、毎日寝不足で楽しんでます。

でも、気になることがあって、だいたいどのオリンピックでも採点がおかしい、この選手はもっと点数が上だった(下だった)はずだという議論が出てきます。特に、冬季オリンピックだとフィギュアスケート、モーグル辺りですかね。せっかく選手たちが一生懸命プレイしているのに、こんなことでケチがついてしまうのは残念です。

技術で解決

そこで、先進技術を使って疑念の余地がないようにできないかと。

例えば、フィギュアスケートであれば、身体にウェアラブルセンサを着けて、氷に接触すれば信号を送るようにしておけば着氷したかしてないかで揉めることも無くなるだろうし、動画像解析から姿勢推定してそれを元にジャンプやターンの点数を決めてあげればモーグルにしろ、体操にしろフィギュアスケートにしろ、回転不足や芸術性も定量的に判定することができるんじゃないでしょうか?

実現は近い?

そんな未来は来ないと思うかもしれませんが、今や水泳のタッチもフェンシングの当たり判定もセンサで行ってますし、短距離走は画像解析で順位を決めています。
走り幅跳びは、ステレオカメラからの画像解析で距離を求めています。先進技術で判定するのは普通に行われていることなんです。

なので、近い将来、実現することなんじゃないかなと思っています。

sochi

点数にケチがつかずにオリンピックが楽しめる未来が来るといいなと思います。

スポンサーリンク
オリンピックを平和に楽しむための技術
この記事をお届けした
Findelightの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!