Amazon APIを使ってワクワクしながらショッピングをしたい

スポンサーリンク

便利よりワクワクしたい!

インターネットが普及して、世の中がドンドン便利になっていると思いませんか?
その中でも、一番かもしれないと思っちゃうのがAmazon。もうとにかく便利。買い物するのに時間が超短縮できる。欲しい物のキーワードを検索すれば、すぐお目当てのものが見つかって、1clickでカートでお買い物終了。早い早い。

決まりきった物を買うのはそれでいいと思うんですよ、日用品みたいな。例えばトイレットペーパーとかゴミ袋とかね。でも、趣味の物を買う時のお買い物って、もっと楽しいものだった気がするんですよね。例えばアパレルなんかだと、普段から定期的に通っている店じゃなくて、あえてちょっと通らないような通りを歩いていると、「え、こんな良いアイテムおいてるの?」みたいな知らなかったお店との偶然の出会いがあったりとかしてね、わくわくするもんじゃないですか。それこそ、Amazonができる前の本屋さんなんて、棚に並んだ本の背表紙見ながら、知らなかった本に出会う事を期待して過ごしたもんです。

もちろん収穫のないときもあります、無駄な時間を過ごしてしまうこともあります、結果だけ見ると非効率かもしれませんね。でもプロセスが楽しかったからまぁOKてなるような、そんな時間の過ごし方がネットショッピングが当たり前になる前の好きな物を買う時の楽しみの一つだったと記憶しています。

オンラインで実現したい

インターネットでそういう買い物のプロセスまで楽しむワクワクを実現したサービスってあんまりないと思うんですよね。決まった物を買うのは便利になったけど、思いも寄らないものと出会ってしまうみたいなドキドキがない。逆に言うと便利すぎるんです、遊びがない。

僕は別に趣味でやってるだけだし便利を追及して売上を立てて利益を得る必要もないので、そういう買い物の過程を楽しめるWebアプリを作ってみたいと思いました。WEB上でのウィンドーショッピングみたいな、そんな感じ。まぁ、具体的な手段が浮かんでるわけではないんですけどね。

しかも、あえて便利の代名詞、AmazonのAPI、正式名称:Product Advertising APIを使って作れないかなと。

という事で、まずはAmazon APIのお勉強から。

参考にしたサイト
マイヤーの開発ブログ;PHP:アマゾンAPI (AWS)で検索結果を表示

とりあえず、キーワードで検索した結果を表示するだけなら、あまりに簡単にできた

しかし、これは便利な買い物だ。これを見栄えだけ良くしても決して完成ではない、偶然の出会いをワクワクドキドキ期待させるようなシステムを入れるようにちょっと考えよう。

スポンサーリンク