Apple Watchも出たことだしアプリのアイデア出してみた

スポンサーリンク

Apple Watch正式発表

Appleから噂されていた通りの腕時計型ウエアラブルデバイス、Apple Watchが発表になりました。

これをきっかけにウエアラブルデバイスに人気が出てくれればいいんですが、今の所そうはならないような感じです。それでは世の中盛り上がらない、景気も悪いままなので、少しでもお役に立つべくアプリのアイデアを考えてみました。良いなと思うものがあればぜひぜひ実現させてください。よろしくお願いします。

合コン勘定アプリ

合コン
合コンって、一律いくらだったり性別で2パターンに分かれたりするでしょ。でもそれっておかしいと思うんですよ。楽しんだ人が多く払ってつまらなかった人は少なく払う、これが一番公平だと思うんです。なので、合コンの開始から終了までの心拍数をアプリで計測して、上昇度が多かった人が興奮していたんで一番楽しんだって事で一番多く払うってのはどうでしょうか。これが導入されれば、払いたくなければ相手をドキドキさせればいいんですよ、女性がコンパの間中ドキドキさせるような作戦を仕掛けてくるって最高じゃないですか、それだけで合コン盛り上がること間違いなし。そうなったら少しくらい払ったっていいじゃないですか、もはや。
デートで使ってもいいかもしれません、「ドキドキした方が多く払う事ね!」とかって楽しそうじゃないですか。

心拍数課金型お化け屋敷

お化け屋敷
上のと考え方は同じなんですけど、お化け屋敷だって楽しんだ分だけお金を払う方が納得感がある。だから、入り口でウエアラブルデバイス着けて、中にいる間の心拍数測って出口で心拍数の上昇に応じてお金を払う。これだと遊園地側が用意することになるんですけど、友達同士で使って肝試し、一番ビビったやつが罰ゲームとか良いかもしれません。

脈打ち手

歌い手っているじゃないですか、Youtubeとかに自分が歌っているところをUploadして、それを見てもらって収入を立てるってやつ。これからは脈打ち手(みゃくうちて)ですよ。自分の脈拍データをリアルタイムで共有するんですね。その脈打ち情報を売る。美人脈打ち手のデータをリアルタイムで自分のウエアラブルデバイスに再現すれば、これはもう手を握っているも同じ!ドキドキが共有できる!
半分冗談なようで意外と真面目にこれイケると思っています。例えば、野球を観に行くとするじゃないですか。その時に、自分のファンのピッチャーの心拍数を共有できたら楽しくないですか?心拍数が上がってきたらこちらの応援もしっかりやろう!って気になります。アイドルのコンサートに行って、お気に入りの推しメンの心拍数を共有しながらとか楽しいと思うんだけどなぁ。

ひねったアイデアってなかなかでないもんですね、今日はこの辺で。

画像はアップルウォッチの次世代デバイスとして3つの特徴より引用

スポンサーリンク