スポンサーリンク

富士フイルムのX-E3はスナップ撮影も楽しめる、欲張りなカメラ

カメラ
スポンサーリンク

富士フイルム X-E3をレビュー!

富士フイルムからX-E2の後継機種、X-E3が発表されました。

X-E3の新機能や特徴をまとめて、どんな人に合っているのかを考えてみましょう。

小型・軽量

何と言っても、X-E3の特徴は小型、軽量。これは富士フイルムも「MINIMALISM」とカタログでアピールいます。そんなX-E3のサイズは幅121.3mmX高さ73.9mmX奥行き42.7mm、重さは337g。

「X-Trans CMOSⅢ」と「X-Processor Pro」を搭載した、X-Pro2、X-T2、X-T20、X-H1と比べて、最小、最軽量。それだけじゃなくて、X100Fよりもさらに小型。

ここまで小型にこだわったのは凄いと思います。でも、ただ小型になっているだけじゃないんです。

背面の操作部分が大幅に変わっています。

液晶の左側からボタンが無くなり、右側にすべてのボタンが集まっています。片手でさっと取り出して、片手で操作してサクッと撮る。それを実現するための構成だと思います。

このX-E3に単焦点のパンケーキレンズを付ければ、スナップ向けカメラとして最適。だって、X100Fより小型なんだから。

Bluetooth搭載

富士フイルムのカメラでは初めてのBluetoothが搭載。でも、Bluetoothが載ったから何ができるの?

Bluetoothが付いたことによって、スマホと常時接続ができるようになり、今までのようにスマホアプリを画像を転送するたびに立ち上げるっていう面倒な作業は不要になります。撮った画像はすぐにスマホへ転送。スマホからすぐにSNSで共有というライフスタイルにフィットするわけです。まさに理想的なスナップカメラとして設計されていると言っても過言ではないですよ。

もう一つ、X-E3は液晶がチルトしません。だから、液晶やファインダーを見づらい構図で撮影したいときはスマホアプリで構図を確認しながら撮影するのが良いかもしれません。そういう意味でも、Bluetoothでスマホとの接続が簡単になったのは大きいです。

でも、基本的な機能は他のXシリーズとほぼ同じ

「X-Trans CMOSⅢ」と「X-Processor Pro」を搭載しているので、X-Pro2と全く同じです。なので、基本的な画質の性能は全く変わりません。X-Pro2と違う所と言えば、ビューファインダーがEVFな所くらいでしょうか。

なので、X100FとX-Pro2の良い所を取ってきたカメラとも言えます。レンズを変える事で、スナップシューターとしても、じっくりと撮影するカメラとしても使える、一台二役のカメラです。

普段はスナップを撮るためにいつも使うカバンにさくっと入れておきたい、そして気軽に撮影を楽しみたい。けれど、大事なイベントや旅行なんかではズームレンズを付けてしっかり撮影したい。そんな人に合ったカメラだと思います。

カラーは、全面ブラックとシルバーがあるんですが、僕のお気に入りはシルバーですね。シルバーのアクセントが入ることで、オシャレ感がアップします。

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

カメラ買い物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぜひシェアしてください、お願いします!
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント