スポンサーリンク

X-T100でファインダーの持つ魅力の虜になってほしい

カメラ
スポンサーリンク

富士フイルムのX-A5とX-T100を比較して悩んでるなら、X-T100を買った方が良い!

富士フイルムのカメラに興味を持った人で、X-T100を買うか、それともX-A5を買うかを悩んでる方は結構いるかと思います。


X-A5もコンパクトで値段もお手頃で非常にいいカメラだとは思います。

オシャレな女子にピッタリのカメラ、X-A5をレビュー!
富士フイルムX-A5が発表 本日、2/1に富士フイルムからX-A5が発表になりました。 X-A3からサイズも含めて見た目はほとんど変わらないんですが、進化に注目すると、X-A5は狙いを...


あるいは、小型なミラーレスカメラについて調べてみて、キヤノンのEOS M6、EOS M100、オリンパスのE-PL7、E-PL8、E-PL9を候補に入れている方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方に強くお伝えしたいのは、「X-T100を買った方が良い!」という事です。

なぜ、X-T100なのか、それは電子ビューファインダー(EVF)があるからです。それにつきます。じゃあ、何でそんなにEVFが大事なのかを説明したいと思います。

電子ビューファインダーがあった方が良い3つの理由

大きく分けて、電子ビューファインダーがあった方が良い理由は3つあります。

1.自分で撮った写真を電子ビューファインダーで見たら格段に美しく見えるから

皆さん、なぜ映画館では、普段見ているテレビやスマホに比べて映像に臨場感や迫力が得られるかご存知ですか?

大スクリーンだから。もちろんそれもいくらか影響はあります。でも、それなら家のテレビをすごく近くで見れば同じことなわけですけど、それでは臨場感や迫力は得られません。

映画館で臨場感が得られる理由は、周りを真っ暗にしてくれるからです。真っ暗な中で映像が浮かび上がると、人間はそこに視覚を集中できるので、情報に邪魔が無くなって臨場感が出ると言われています。

リバーサルフィルムをライトボックスで裏から照らして、ルーペでのぞいたことがある方なら感覚としてわかっていただけるかと思います。臨場感、立体感や奥行き感、没入感が得られる不思議なあの感覚。ある意味バーチャルリアリティと言ってもいいくらいの実物感。

同じく周りを真っ暗にして映像に集中させてくれるという点で、EVFは小さな映画館を手に入れたのと同じなわけです。視界から余計な物をシャッタアウトしてくれるので、写し出された画像に迫力が出ます。だから、撮っていて満足感がとても高いんです。液晶で見るのと、電子ビューファインダーで見るのとでは、テレビと映画館くらいの臨場感、没入間の差があるんです。

自分で撮った画を見てどんどんテンションが上がってくる。EVF付きのカメラを持っている人ならみんな経験している感覚だと思います。フォトグラファーズ・ハイとでも呼んだらいいんでしょうかね、あの感覚。

せっかくミラーレスカメラを買おう、あるいはすでに買っているけど液晶しかついてなくて、あの興奮を体験しないなんてもったいなさすぎるんですよ。ビューファインダーの先に広がるミニシアターはあなたの撮った画像を、臨場感を持って表現してくれます。

2.ファインダーをのぞいて撮ると、手ブレが抑えられるから

これもとても重要で、ファインダーをのぞくと、顔でカメラをおさえるので、両手と合わせて3点保持になります。その上、脇が閉まって、ひじも折りたたまれているんで、カメラが安定するんですよ。

液晶を覗いていると、手が伸びて不安定なうえに、両手の2点だけで保持するんで、撮影中にもカメラがぐらぐら揺れます。そうすると、ぶれた写真が量産されることになります。これはもったいないです。

3.ファインダーをのぞいてる時の自分がふと見えると、とにかくカッコいいから

やっぱり、構えるときに液晶を見て構えるのはどうしてもちょっとダサいんですよ。ファインダーを覗いてる時の姿はそれに比べるとぐっとカッコいい。

これは僕個人の意見でもありますが、多分カメラメーカー自体もそう思ってるんだと思います。
その証拠に、富士フイルムのPVでも、オリンパスのPVでも液晶を見て撮るというシーンが出てきません。カメラなのに撮るシーンが出てこないんです。皆さん気付いてました?

富士フイルムのX-A5。撮るシーンは、液晶を反転させて自撮りを撮る時と、液晶を立てて料理を撮る時。決して構えて撮らない。

同じ富士フイルムでもX-T20の場合は、ファインダーを覗いて構えて撮るシーンが冒頭のシーンも含めてバンバン出てくるんですよ。

オリンパスも同じで、あの天下の宮崎あおいさんの美貌をもってしてでも、やっちゃうと間抜けになるのか、絶対液晶をのぞいて撮らない。微妙に目線を外したりしてカメラを使ってる印象はめっちゃ与えるんだけど、ごまかしてごまかして、絶対構えない。

これが同じオリンパスでもファインダー付きのカメラになると、まぁ構えまくる。構えて撮る?カメラなんだから当たり前じゃない?くらいの感じで来る。

そして、カメラが趣味の人なら同じことを思ってるはずです。その証拠に、プロの写真家から、アマチュアのカメラマンまで、ブログや写真集、ツイッターやインスタグラムに載せてるアイコンや自画像、みんなファインダーをのぞく姿なんですよ。液晶を覗く姿をアイコンにしてる人なんていないんですよ。

という事で、電子ビューファインダー搭載のX-T100はおすすめ

これだけコンパクトでありながら、EVFが搭載されたX-T100。これは正直おすすめですね。X-A5よりは少々お値段は高いですけど、どちらを選ぶと言われたら僕なら断然X-T100ですね。

こっちの方が断然、撮影するのが、カメラを構えるのが楽しくなりますからね。EVFのあるカメラをぜひ。

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

カメラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
良いなと思ったら、シェアしてください
このブログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Findelight

コメント