スポンサーリンク

ラム骨で取ったダシ?ラム骨つけ麺をメンショートーキョーでいただく

グルメ
スポンサーリンク

ラーメンにはラムという手がまだあった

鶏ガラ、豚骨、牛骨、各種の魚介、まぁいろいろなラーメンがありますが、ありそうでなかったラムで作ったダシのラーメン。

これがその店、メンショートーキョーさん。自家製麺なのね、ラム骨以外にもこだわりを感じます。期待が上がりますね。

ラーメンもあったんですが、今回は「ラム煮干しつけ麺」の全部入りを注文。カウンター席で、熱心に調理する店員さんを見ながら期待を胸に待ちます。キャップスタイルって珍しいけど、カッコいいからありだな。

ラム骨、登場

来ました、ラム煮干しつけ麺の全部入り。左に乗っているのが豚のチャーシュー、右に乗っているのがラムのチャーシュー。その上にパクチーも乗ってます。

こちらがラムと豚からダシを取ったつけ汁。生まれて初めて口にする「ラム骨」、香りはスパイシー、色んなスパイスが入ってる感じ。

もう少しアップで。麺はぷりぷりとした張りのあるタイプのやつですね。のど越しのよさそうな感じ。ラムのチャーシューって見た目には鴨のような色と質感です。

さっそく麺をすくってつけ汁に浸けて口に運ぶと、カレーのようなスパイスの香りが口に広がった後にラム、しっかりラムの味が。

旨い、旨いぞこれは。麺も自家製麺のこだわりだけあってプリプリとはじけてのど越しも良い。二口、三口、旨い。

次に気になっているラムのチャーシューを。脂が少なくてさっぱり、ラムの臭みは全く感じない。むしろ脂身がない分、豚チャーシューより癖なく食べられる。噛んでいると肉の旨みは染み出てくるんで、脂はなくても肉自体が十分旨い。

レモンが乗ってきたのも特徴的、半分くらい食べてちょっと味に飽きてきた所で、これをつけ汁に絞って味を変えて爽やかにリフレッシュすれば、また酸味のおかげでどんどん食べられる。

一つリクエストがあるとすれば、豚のチャーシューをもうちょっと暖かくして出してもらいたいかなってくらい。脂が冷えてると旨みが感じられず臭みが先に来ちゃうので、せっかくのチャーシューがもったいないなって。

それ以外はすごく旨かったですね、今度はラーメンを頼んでみようかってもう一度行きたくなるくらいの味でした。

場所は小石川後楽園や東京ドームのすぐ近くなので、そのついでに。駅で言うと、南北線の春日駅です。
http://menya-shono.com/tokyo/
営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00/定休日:火曜日
席数:カウンター8席/テーブル席8席

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

グルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
良いなと思ったら、シェアしてください
このブログをフォローする
Findelight

コメント